あなたはどのタイプ?― タイプ別インプラント治療

従来の治療との比較

CASE1 歯が中間で1本抜けた場合
ブリッジ
従来の治療 <ブリッジ>

インプラント治療
隣の健康な歯を削りブリッジにします。
両端の健康な歯を削る必要があります。
インプラントは隣の健康な歯を削る事なく植立し、人工歯を取り付けます。
自分の歯と区別がつかないく らい治療の跡がわかりません。
CASE2 歯が中間で2本抜けた場合
ブリッジ
従来の治療 <ブリッジ>

インプラント治療
抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジにします。支える健康な歯に大きな負担がかかります。 抜けた数だけインプラントを植立します。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛む事が出来ます。
CASE3 奥歯が数本抜けた場合
ブリッジ
従来の治療 <部分入れ歯>

インプラント治療
取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに留め金でも固定しますが、口の中にバーや止め金の異物感が残ります。 数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや留め金が不要となり、口の中もすっきりし、口臭も減ります。
CASE4 歯が全部抜けた場合

ブリッジ

従来の治療 <総入れ歯>

インプラント治療
取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに留め金でも固定しますが、口の中にバーや止め金の異物感が残ります。 数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑った時に飛び出したりすることはありません。