インプラントのメインテナンス

なぜメインテナンスが必要なの・・・?

きちんと骨と結合したインプラントは、半永久的に口腔内で固定を得ることが出来ます。
しかし、いくらインプラントと骨が結合していても、土台となる骨の部分にトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることが出来なくなってしまいます。また、天然歯と同じように、歯周病が重度に進行した場合も骨はインプラントを支えることが出来なくなります。

インプラントを良い状態で保つには・・・定期的なメインテナンスと、徹底したプラークコントロールが必須になります。

実際にメインテナンスではどんなことをするの・・・?

■歯科医院でのメインテナンス

咬み合わせは常に一定のものではありません。

治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過負担がかかり、補綴物が破折したり、歯周病が急に進んだりすることがあります。
そこで、定期的な咬み合わせのチェックやレントゲンによる診査が重要になります。

また、普段のブラッシングでは落としきれない汚れを歯科医師や歯科衛生士によるケアでフォローしていくことや、自宅でのケアが正しく行えるように、ブラッシング指導を受けることも必要になります。

■毎日のメインテナンス

インプラントを入れたからといって、何か特別なことをしなければいけないわけではありません。

基本的には、天然歯と同じようにしっかり歯磨きをするだけです。 とはいっても、インプラントは人工物ですから、天然歯と違って接合部(境目)があります。その部分は汚れがたまりやすいところであり、また、汚れを落としにくいところでもあります。

そこで、歯ブラシといっしょに歯間ブラシ(ワイヤー部がコーティングされているもの)や、デンタルフロスなどを使ってのケアをお勧めします。

制作:インプラントネット


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材