デンタルリンスの上手な活用方法

デンタルリンス

デンタルリンス(マウスウオッシュ、デンタルウォッシュなど)は、使用方法によって「洗口液」と「液体歯磨き」の二つのタイプがあります。それぞれの特長や使用方法、選び方、リスク等についてご紹介します。

「洗口液」の特長と使用方法

【特長】

洗口液は、特に下記のような方に向けたものです。

  • 歯を磨く時間が無い方
  • 自分自身で上手に磨くことができない方

洗口液でお口をすすぐことで、口臭の防止やお口の中の浄化を期待しています。しかし、虫歯や歯周病の原因となる歯垢は、ブラッシングやフロッシングなどで、機械的にこすらなければ落ちませんので、洗口液はお口の掃除の補助として考えるとよいでしょう。

【使用方法】

お口に含んで20〜30秒間ブクブクうがいをし、吐き出した後は、水でお口をすすぐ必要はありません。歯磨きをした後の仕上げとして使用してもよいでしょう。また、寝ている間は、唾液の分泌が少なくなるため、お口の細菌が繁殖しやすくなりますので、就寝前の使用も効果的です。

「液体歯磨き」の特長と使用方法

【特長】

液体歯磨きは、歯磨きの際に一般的に使われる「(練り)歯磨き粉」に配合されている研磨剤が含まれていませんので、歯面を傷つけることなくブラッシングすることができます。しかし、タバコのヤニや、コーヒーやワインなどにより、歯の表面が着色しやすくなることがありますので、その際は、「(練り)歯磨き粉」を使用するか、歯科でクリーニングを受けましょう。

【使用方法】

お口に含んで20〜30秒間ブクブクうがいをし、吐き出した後にブラッシングを行い、水でお口をすすぎます。

デンタルリンスの選び方

薬用成分が含まれているほうがいい?

市販されているデンタルリンスには、薬用成分を含まない「化粧品」と薬用成分を含む「医薬部外品」があります。しかしこれらの効果に画然とした違いがあるわけではないため、期待したい効能を含むものの中で、爽快感や味などの好みによって決めるとよいでしょう。

アルコールが含まれているほうがいい?

デンタルリンスにはアルコールが添加されているものがあります。爽快感を求める方には適していますが、刺激に敏感な方が使用されるとお口が荒れる恐れがあり、また、唾液が出にくい方が使用されると、お口の中がより乾燥する恐れがありますので、その場合はアルコールを含まない製品の使用をお勧めします。

【豆知識:商品の見分け方】
「洗口液」なのか「液体歯磨き」なのか見分けがつかない場合は、成分表示の近くに商品区分が表記されていることがありますので、商品の裏側を確認してみましょう。記載がない場合は使用方法で判断しましょう。

デンタルリンスのリスク

デンタルリンスの使いすぎによる菌交代現象(※)のため、口腔カンジダ症を起こすことが考えられます。健康な人が発症することは少ないですが、免疫力が低下している場合に発症がみられます。お口の粘膜や舌に違和感があれば、歯科医師の診断を受け、適切な治療を受けましょう。

※菌交代現象
薬の作用(抗生物質や化学療法など)により、本来であれば病原性を持たないお口の中の細菌が増殖してしまい、病原性を持つようになること。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材