インプラント治療と歯周病治療の関係

歯周病の管理が必要なワケ

インプラント治療後のトラブル事例の一つにインプラント周囲炎があります。インプラント周囲炎は、インプラントを支える顎の骨に歯周病原細菌が増殖したことによって、出血や膿などの炎症が起こり、顎の骨が吸収されていく(痩せていく)病気です。治療を行っても症状が改善しない場合は、インプラントを摘出しなければなりません。

プラークと細菌のかたまり歯周病原細菌は多くの方のお口の中に存在するもので、引き金となるものがなければ発症することはありません。歯周病原細菌の病原性が強まる主な原因は、食べカスや磨き残しによって生じたプラーク(歯垢)です。したがって、歯周病を治した方や、これまで歯周病になっていない方でも、何らかのきっかけで発病してしまう可能性があります。何か症状が出てからでは手遅れになることもありますので、治療期間中から歯周病を防ぐための管理が始まり、治療後も定期検診で管理を続けていくことが一般的です。

治療(予防)内容について

【検査】

歯科医院、または、お口の状態によって検査内容は異なりますが、主に次のことが行われています。

    歯周ポケット検査
    ▲歯周ポケット検査
  • 歯周ポケット検査
    歯と歯茎(または、インプラントと粘膜)の間にある溝の深さ、出血や膿などの炎症の有無を調べます。
  • プラークの付着量のチェック
    染め出し液でプラークを確認し、すべての歯を100%として、そのうち付着しているプラーク量を計算します。
  • 細菌検査
    唾液や歯茎の中にいる歯周病原細菌の数を調べます。

【主な治療(予防)内容】

検査結果に基づき、お口の状態に合わせた治療(予防)を行います。

  • プラークや歯石の除去
  • 歯茎と歯(または粘膜とインプラント)の溝を薬液で洗浄する
  • ブラッシング方法や食生活についての指導
  • 歯の汚れが溜まりやすい詰め物や被せ物の治療
※もし、インプラント周囲炎になってしまったら…
治療法としては、まず、細菌の除去や薬物投与などで軽減を図る「非外科的療法」が行われます。それでも炎症が治まらない場合は、炎症部分を切って取り除く「外科的療法」が行われます。これらの治療を行っても回復の見込みが無い場合は、インプラントを取り除くことになります。

歯周病の管理はインプラントを長持ちさせる一つのポイントとなります。治療後は、定期検診を受け続けるようにして、インプラントとお口の健康を保ちましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材