骨が少ない方へのインプラント治療

人間の顎は、歯が抜けて時間が経過すると、顎の骨がやせていきます。顎の骨がやせると、インプラントを入れるスペースが充分に無いためインプラントを固定することができないことがあります。
骨が少ない場合の対処法は大きく分けて、インプラントを入れるのに必要な量の骨をつくる「骨移植」と、 インプラントを入れることができる部位に入れる「グラフトレスソリューション」の二つです。ここでは、この二つの対処法の特徴を説明します。

骨移植による対処法

顎の骨が足りない場合には、骨の移植手術を行い顎の骨量を増やすことでインプラント治療を行うことが可能になります。
移植骨の量によって以下のどちらかの処置に分かれます。

1. インプラント埋入(埋め込み)と同時に行う方法
骨が多少ある場合のサイナスリフトGBRなど小さめの骨移植で、インプラントと同時に骨の移植を行う方法です

2. 事前に骨を作っておく方法
骨がほとんどない場合のサイナスリフトやボーンクラフトなど大きめの骨移植で、骨を事前につくるため一定期間をおいてからインプラント手術を行う方法です

骨移植のメリット
・当初歯があった場所に近い位置にインプラントを入れることができるため、構造的には長期の安定性についての予測性は高く不安が少ないです。

骨移植のデメリット
・治療期間がかかります。(移植骨の量にもよりますが、インプラントのみの治療の2倍以上と考えてください。)
・インプラントを入れる部分以外に移植元となる部位への手術が増えます。(手術部位が増えれば、それだけ痛みや腫れなどの影響が増えます。)
※移植骨は本人の歯槽骨(歯根)や顎の骨から調達する場合が多いです。

インプラントを入れられる部位に入れる対処法(グラフトレスソリューション)

1. 傾斜埋入
主に上顎洞オトガイ孔を避けるため、骨がある部分に斜めに入れます。
斜めのままでは歯が入らないので、インプラントと人口歯の間の土台で角度を変えます。
骨の形を3次元的に把握する必要があり、厳密な診査と、治療テクニックが必要です。
2. 短いインプラントの使用(ショートインプラント)
短いインプラントは他の治療法より安全と考えられますが、強度に問題が出る場合がありますので、必要とする本数が増える傾向があります。
ギリギリの長さで埋入することも多く、技術的には難しくなります。


3. 結節の利用
傾斜埋入のひとつです。上あごの一番奥などもともとは歯のなかった部分を利用してインプラントを入れます。

グラフトレスソリューションのメリット
・骨移植を伴わないことで、移植するケースより痛みや腫れがおきにくくなります。
・移植した骨が再生するのを待つ必要がないため、インプラントの治療期間が短くなります。

グラフトレスソリューションのデメリット
・斜めに入れることにより、強度などの構造的な問題がでる場合があります。
・短いインプラントは、長いインプラントに比べて強度に問題が出る場合があります。(その場合、必要とする本数が増えます。)
・技術的に難しくなります。(オールオン4はグラフトレスソリューションの治療方法の一つです。)

骨の少ない場合に、骨移植を行う場合とグラフトレスソリューションを行う場合とでは一概にどちらが良い悪いといえません。患者様が治療に求めるものにより、利点、欠点の見方も変わってきますので、よりご自身に適した治療法については担当の歯科医に事前にご相談ください。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材