どうしてCT撮影をするの?

CT撮影は本当に必要?

どうしてインプラント治療ではCT撮影が必要なの?レントゲンで十分なのでは…?
そんな疑問をお持ちかもしれません。
でも、CT撮影をすることは、実はとても大切なのです。
どうしてCT撮影をするのかを見ていきましょう。

CT撮影がインプラント治療では重要

CT撮影は歯科治療全般において、さまざまな診断に応用ができますが、 インプラント治療においては、特に、より確かな精密な診断を行う必要があるためCTによる撮影が重要です。

■歯科用レントゲンの場合:
歯科用レントゲンで得られるのは二次元の平面画像なので、 形や大きさ、距離や位置関係などを正確に把握することが困難です。

■CTの場合:
CT撮影では、目的の部位を水平、垂直、斜めと三次元に表示できます。 患者様のインプラントの埋入部分の骨の状態を、 事前に把握することはもちろん、 傷つけることの許されない神経の位置も確認できます。

CTデータを解析し、立体的に手術予定部位の状態を知ることは、 科学的根拠に基づいた診断による安全な手術につながります。

また、データをデジタル処理することで、コンピュータ上での手術シミュレーションも可能となります。

患者様にとっても、CT画像を使い視覚的にも分かりやすい説明を受けられることで、 ご自身の治療に対しての理解度が高まり、安心して治療を受けることができます。


タグ:
CT診査診断

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材