BLOCKADE法応用インプラント症例のX線的解析


Fig.1:抜歯前

Fig.2:BLOCKADE

Fig.3:(Fig.2)のXRAY

Fig.4:3日目

Fig.5:8日目

Fig.6:5週目

Fig.7:2ヶ月目

Fig.8:2ヶ月目にインプラント

Fig.9:2ヶ月目の組織像

Fig.10:インプラント後4ヶ月目
   

考察

 左上5番がP4の診断で、抜歯後2ヶ月でインプラントを埋入した症例です。 抜歯窩内の骨再生誘導物質として、コラーゲンフリースとOSTEOGENのコンポジットを使用しています。 FIG.3からFIG.6の連続的時間の経過観察においては、少しづつ骨の再生像が観察されます。 FIG.7の2ヶ月目においては幼弱な骨が抜歯窩内全体に再生している思われる。 その組織は標本FIG.9に示されているように、骨の再生が証明される。 インプラント後4ヶ月目FIG.10では既にオステオインテグレーションを獲得しています。 このX線像から期待されることは、近遠心的骨レベルの再生治癒で、遺伝子的治癒形態と相まってBLOCKADEの効果を待たなければならない。 この後の変化状況については、近日に報告したいと思います。
資料提供
いしやま歯科医院
院長 : 石山 照雄先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材