HAインプラントと抜歯即時埋入(動画)

HAインプラントとは?

HAインプラントとは、インプラント体の骨に埋める部分の表面が、HA(ハイドロキシアパタイト)という歯や骨の主要構成成分であるリン酸カルシウムの一種でコーティングされたインプラントのことです。生体組織と親和性が高く、顎の骨と化学的に結合(バイオインテグレーション)します。
このHA(ハイドロキシアパタイト)の性質により、短期間で骨との強固な結合が得られるので、抜歯即時埋入(歯を抜くと同時にインプラントを埋入する)場合に有効的です。

HAインプラントについて動画でご説明

HAインプラントでの抜歯即時埋入の症例

前歯3本に被せ物をしていましたが、歯根が割れ、根の先に大きな膿の袋が出来てしまいました。残念ながらこの3本は抜歯する事になりました。
治療方法として、
(1)虫歯になっていない、綺麗な状態の残りの前歯を削ってブリッジにする方法
(2)残りの前歯にバネをかけて入れ歯にする方法。
(3)インプラントを2本入れ、綺麗な前歯を温存する方法
を提案させていただき、(3)のインプラントによる治療を選択されました。
術前の状態
▼ 前歯3本が差し歯でした ▼ 術前X線写真
インプラントを即時埋入・仮歯の装着
駄目になってしまった3本の前歯を抜き、その直後インプラントを歯を抜いた穴に埋めました。
そして、その日の内に仮歯を被せました。
▼ 術後その日の内に仮歯を装着
▼ 術後X線写真
補綴治療(最終的な被せものを装着)
インプラントが骨と完全に結合したことを確認し、カスタムアバットメントを製作して装着。最終の被せ物であるセラミッククラウンを被せました。
カスタムアバットメントって?
カスタムアバットメントとは、独自に鋳造あるいは機械加工によって製作される、個々の症例に合った理想的な支台形態をしたアバットメント(インプラント体と被せ物の連結部分)を指します。
歯根の断面を天然の歯に似せて製作することが可能ですので、主に前歯など見た目が重要な部位において使用されます。
▼ カスタムアバットメントをセット
▼ 最終の被せ物を装着