天然歯(自分の歯)とインプラントのブリッジは大丈夫?

部分的に歯を失った場合のインプラント治療

インプラントと天然歯のブリッジ
▲インプラントと天然歯のブリッジ
部分的に歯を失い、インプラント治療を選択する際に、天然歯とインプラントを支えとしてブリッジ治療をすることは、可能なのでしょうか。そうした場合、天然歯やインプラントに何か問題は起こらないのでしょうか?ここでは、天然歯とインプラントのブリッジについて、考えてみましょう。

天然歯とインプラントの違い

天然歯とインプラントを支えとしたブリッジ治療は不可能ではありません。しかし、天然歯とインプラントでは見た目が同じように見えても、歯根に大きな違いがあることから、天然歯とインプラントのブリッジ治療は、注意が必要です。

天然歯には、噛み合わせの力を逃がす役目をする歯根膜があります。歯根膜があることで、歯を噛み合わせる際に、歯が上下左右にほんの少し動きます。これにより、噛む力の衝撃を分散させ、直接歯の周りの骨に伝わるのを防ぎます。
一方、インプラントには歯根膜がありません。よって、インプラントが天然歯のように動かないので、歯冠部(人工の歯の部分)で、噛む力の衝撃を吸収させなければなりません。
したがって、天然歯とインプラント、それぞれ異なった噛み合わせの調整を行い、負担がかからないようにする必要があります。

天然歯とインプラントの周囲組織の違い
▲ 天然歯とインプラントの周囲組織の違い

天然歯とインプラントをブリッジで連結しても問題ないの?

天然歯とインプラントをブリッジで連結させることができた場合には、インプラントの埋め入れる本数が少なくて済むために、インプラントの費用が抑えられることや、外科手術が小さい範囲で済むなどのメリットがあります。

しかし、噛み合わせに問題が起こった場合には、インプラントに装着した人工の歯が外れたり、インプラントに大きな力がかかり過ぎ、抜け落ちることがあります。天然歯のほうも歯根膜が萎縮する(力を逃がす役目をしなくなる)ことで、歯が割れたり、折れたりすることが考えられます。このように、長期的にみて天然歯とインプラント双方にトラブルが起こる可能性が高いことから、定期的な噛み合わせのチェックの必要回数が増え、メインテナンスの費用が将来的に高くなる恐れがあります。
よって、天然歯との連結は行わず、トラブルが起こる可能性が低いと考えられる、「インプラント同士のブリッジ」が行われることが多いようです。

担当医に相談

どのような、治療方法が適しているかについては、患者様のお口の状態や価値観、経済状態によって、歯科医師の診断や治療方法の提示は異なります。担当医としっかりと相談しましょう。



タグ:
比較連結

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材