入れ歯を磁石で固定するインプラント治療

入れ歯を磁石で固定する方法

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)とは、磁石の力で入れ歯を固定する治療法です。
歯が残っている方は歯根に「磁性ステンレス(キーパ)」を取り付け、歯が残っていない方は歯茎インプラントを埋め入れて「磁性ステンレス」を取り付けます。入れ歯側には小型の高性能磁石を埋め込み、磁性ステンレスと磁石の吸着力で、入れ歯をぴったりと固定させます。
マグネットデンチャー

【磁石式入れ歯のメリット】

  • 見た目が自然
  • ぴったり吸着されるので、入れ歯特有の違和感がほとんどない。
  • 体への負担が少ない
    総入れ歯の方の場合、通常のインプラント治療より、インプラントの埋め入れ本数が少なくて済む。
  • 総額の治療費を安くできる
    総入れ歯の方の場合、通常のインプラント治療より本数が少なく済むため、費用を安く抑えることができる。
  • 手入れなどの清掃が簡単
    入れ歯なので簡単に着脱ができ、清掃やメインテナンスもしやすい。

【磁石式入れ歯のデメリット】
  • 保険外診療
  • MRIの際は主治医への相談が必要
  • 磁気アレルギーの方は使用できない

治療の流れ

STEP1 診断
患者様からのヒアリング、視診、レントゲン検査等により口腔内の検査と診断を行います。
STEP2 磁性ステンレスの取り付け

歯根のある方 … 歯根に磁石を吸着させるための磁性金属を取り付けます
歯根の無い方 … インプラント(人工歯根)を埋め込み、磁性金属を取り付けます。

STEP3 入れ歯の製作

入れ歯を製作し、義歯側に超小型磁石を埋め込みます。磁石と磁性金属の吸着力で入れ歯が固定されます。
更に、この入れ歯の吸着具合、噛み合わせ等を調整します。

STEP4 アフターケア

より長く快適な状態でご使用いただくために、歯科医師の指示に従って定期的に健診を受けることおすすめいたします。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材