インプラントと磁石式入れ歯〈マグフィット〉 (動画)

" width="458" height="350" src="data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAAAAAP///yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7" data-mce-object="object" class="mce-object mce-object-object">

磁石式入れ歯 (マグフィット)

磁石式入れ歯(マグフィット)とは、磁石の力で入れ歯をピッタリとくっつける治療法のことです。

従来の部分入れ歯のように残っている歯に金属のバネをかけて支える方法では、支えとなる歯に負担がかかってしまい、歯を痛めてしまうこともありました。しかし、マグフィットは周りの歯に負担をかけません。
歯根に「磁性金属(磁石にくっつきやすい金属)」を取り付け、入れ歯にも小型の磁石を埋め込みます。そして強力な磁力でしっかりと入れ歯を固定するのです。
歯の無い方の場合は、人工歯根であるインプラントを埋め入れ、インプラントに磁性金属を取り付けます。

マグフィットのメリット
●装着・取り外しが簡単
バネや複雑な仕掛けなどがない、シンプルな構造なのでお手入れの際、簡単に装着・取り外しができ、メインテナンスが簡単にできます。

●ピッタリ固定されている
小型磁石の力で強力に吸着されているので、入れ歯が落ちたり、口の中がガタガタしにくくなります。

デメリットとしては、磁性金属を接着する歯は神経のない歯でなければならない点と、心臓ペースメーカを装着されている方は使用できない点があります。
 width=
▲インプラントと組み合わせたマグフィット
1〜4本のインプラントを埋め入れます。
 width=
▲入れ歯に取り付ける小型磁石
制作:インプラントネット


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材