インプラント認定医、指導医について

認定医・指導医ってどんなもの?

インプラント認定医とは・・・
学会の認めた、学術大会、研修会、講習会に参加し、インプラント医療に関し、適切かつ十分な
学識と経験を有する医師に交付されるもの。
すべてクリアしている場合、認定医となります。

インプラント指導医とは・・・
認定医となり、さらに深い学識と技能を有する医師に交付されるもの。
認定医兼指導医として登録されます。

インプラントの認定医

認定証日本口腔インプラント学会の場合
認定医の条件(一部抜粋)

  • 学会の在籍年数が5年以上
  • 学会の指定する研究施設の在籍が通算5年以上
  • 学会の学術大会等への参加が5回以上
  • 学会の指導医2名からの推薦
  • 治療から3年以上経過している症例20人以上
  • 論文発表
  • 認定医試験(筆記試験)
  • 認定医試験(口答試問)

インプラントの指導医

指導医 認定証日本口腔インプラント学会の場合

指導医の条件(一部抜粋)

  • 学会の在籍年数が10年以上
  • 認定医になってから7年以上
  • 学会の学術大会等への参加が10回以上
  • 学会の学術大会や国際学会での研究報告6回以上
    この内、主演者2回以上
  • 学会の理事3名からの推薦
  • 治療から5年以上経過している症例100人以上
    この内、全顎症例が20以上
  • 研究論文6編以上
    この内、3編は筆頭著者

タグ:
専門医認定医指導医

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材