OAMインプラントと従来のインプラントとの比較

OAM(Ohguchi Augmentation Method)インプラントとは?

骨が少ない人にも使えるOAMインプラント療法

OAMインプラント療法とは、名古屋市立大学医学部講師の大口弘医学博士が考案されたものです。骨を削らないことで、インプラントを埋入する骨が少なかったり、骨がやせてしまい従来の方法ではインプラント治療が行えなかったというケースでもOAMインプラント療法により、インプラント埋入が可能となります。

※ ただし、骨の固い(骨密度の高い)方の場合は、使用できないケースもあります。

OAMインプラントと従来のインプラントの違いとは?

OAMインプラント療法

従来のインプラント手術

STEP1 STEP1
突起点を作ります
最初に骨の表面に直径0.5mmの小さな起始点を作ります。
最初に穴を開けます
最初に直径1.8mmの穴を開けますので細い骨の場合は高さが低くなってしまいます。
STEP2 STEP2
小さな穴を作ります
次に、直径0.5mmの針で糸状の小さな穴を作ります。
ドリルで歯を削ります
次に、直径2mmのドリルで骨を削ります。
STEP3 STEP3
穴を広げます
オーギュメーターという器具で細い穴を0.2mmずつゆっくり広げていきます。穴だけでなく、骨の厚みも増加していきます。
骨は減ってしまいます
さらに太いドリルを2、3種類使って穴を大きくするので、骨がどんどん減ってしまいます。
STEP4 STEP4
完成
骨をほとんど削らずに行いますので、インプラントを支える骨を失わずにすみます。痛みや腫れも少ないです。
インプラントを支える骨自体が足りなくなり、このようなケースでは顎や腰の骨を切り取って骨移植しなければならないこともあります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材