骨再生治療について-GTR-

GTR(組織誘導再生法)

GTR(組織誘導再生法)とは、破壊された歯周組織を再生させる治療法です。

歯周病などで、歯を支えている歯根膜歯槽骨などの歯周組織が破壊されたなどの場合、そのままでは歯周組織は再生しない上どんどん痩せてきます。その破壊された歯周組織を出来る限り元に近い状態に再生させる方法がGTRです。

歯と歯肉の間をきれいに清掃し、再生させたい歯根組織と歯肉などその他組織との間に人工の特殊な膜を入れ両方が混入しないように分離させます。こうすることで、再生させたい歯根組織の再生が促され数か月で歯を支えられるような状態になるといわれています。

インプラントの土台となる歯周組織の状態が悪いためにインプラントができなかった人でも、こうした方法により歯周組織を回復することでインプラントが行える場合があります。

GTR治療の流れ

1.歯肉をめくって、歯根についた歯垢を取り除き、患部の隅々まで清潔にします。病原菌に侵された部分も取リ除きます。

2.歯槽骨や歯根膜が破壊された範囲を特殊な人工膜で覆い、その上から、歯肉をかぶせるように戻します。

※人工膜で覆うことで、再生させたい部分とその他の組織細胞を混入させないように分離します。

3.歯槽骨や歯根膜が再生されるために必要なスペースが確保されていれば、破壊された歯槽骨や歯根膜は徐々に再生されていき、数か月で新しい歯根膜と歯槽骨が再生されます。
4.人工膜には吸収性のものと非吸収性のものがあり、吸収性のものはそのまま体内に吸収されます。
■非吸収性の人工膜を用いた場合

4.非吸収性の膜を用いた場合は、膜を除去する手術を行います。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材