上顎の骨が薄い場合の対処法

上顎の骨が薄くてもインプラントを可能にする方法

サイナスリフトという方法

歯を失うと、圧力が掛からなくなった顎の骨は、やせ細ってしまします。
特に上顎の骨は、上顎洞という空洞が存在するため、骨が薄くなっている場合にはインプラントを固定するための骨の厚みが足りない場合があります。
そんな場合に、有効な方法がサイナスリフトです。 上顎洞の底の部分を押し上げて骨を足し、インプラントを固定するための骨の厚みを確保します。
治療前
サイナス治療前
治療後
骨のない状態。歯がない為に骨がやせ細り、薄くなった状態がわかります。 サイナスリフト術により骨が増えた状態です。

サイナスリフトの治療の流れ(1回法)

サイナスリフト
STEP1 サイナスリフト術式

上顎の左側部にインプラントを埋め入れつつ、サイナスリフト術を行います。 (顎模型使用)




STEP2 歯肉の切開・剥離
歯肉の切開
歯肉の剥離
まず、インプラントを埋め入れる部分の歯肉を切開します。 次に歯肉を剥離し、上顎の前部分の骨の壁が見える状態にします。
STEP3 骨に穴を開ける
顎の骨(側面部分)に穴を開けます。
骨と上顎洞(サイナス)との間には、シュナイダー膜という粘膜があり、それを破らないように細心の注意を払いながら削っていきます。
骨に穴を開ける
ライニング
骨壁の貫通
※上顎洞の粘膜を破らないように骨を削ります。 ※骨壁を貫通させます。
歯肉の切開
歯肉の剥離
骨を削った状態です。 骨をシュナイダー膜を破らないように注意深く持ち上げ、上顎洞側に押し込んでいきます。
STEP4 インプラントの埋入
歯肉の切開
歯肉の剥離
歯根部分にインプラントを埋め入れるための穴をあけます。 シュナイダー膜を押し上げながら、インプラントを埋め入れます。
インプラント先端部分の骨が足りず、飛び出している状態がわかります。
サイナスリフト
STEP5 骨を足す

側面のシュナイダー膜を押し上げた部分を自家骨で満たします。
※自家骨は骨を削った際に出たものや、骨の充分ある別の部位より集めたもののことです。


STEP6 縫合する
歯肉の切開
歯肉の剥離
開けた穴を特殊な膜で塞ぎ、歯肉を縫合します。 縫合終了です。

※サイナスリフトの術後、数ヶ月の治癒期間を置き、改めてインプラントの埋め入れオペをする場合もあります。