サイナスリフトとソケットリフトの特徴比較

上顎洞

上顎奥歯の骨の上には、鼻とも繋がる空洞(上顎洞)があり、その空洞は粘膜(シュナイダー膜)で覆われています。上顎洞までの骨の厚みが薄いままでインプラントを埋め入れると、その粘膜を傷つけて炎症を引き起こすことや、インプラントをしっかりと支えられないことなどが考えられます。これを避けるために行う治療として、サイナスリフトとソケットリフトがあります。

サイナスリフトとソケットリフト

骨が薄い方がインプラント治療を受けるためには、骨の厚みを増やさなくてはなりません。その方法として 上顎洞の位置(小鼻くらいの高さ)にあたる歯茎を切り開き、そこから骨を削って人工の骨を補てんする「サイナスリフト」と、インプラントを埋め入れるように歯茎を切り開いて骨を削り、その穴から人工の骨を補てんする「ソケットリフト」があります。

サイナスリフトとソケットリフト
▲ サイナスリフト(左)とソケットリフト(右)

サイナスリフトは別名、「開窓法」、「ラテラルウィンドウテクニック」
ソケットリフトは別名、「非開窓法」、「オステオトームテクニック」ともいます。

それぞれの治療の比較

 
サイナスリフト
ソケットリフト
患者様の負担
外科手術の範囲が広いので
負担が大きい
外科手術の範囲が狭いので
負担が少ない
造成できる骨
広範囲 部分的で制限がある
粘膜の損傷のリスク
目視下の処置のため、
低い傾向にある※
暗視下の処置のため、
高い傾向にある※
損傷時の修復
状態により可能 難しい

※どちらも治療を行う歯科医師の技量によって大きく変わりますので、あくまでも目安です。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材