異物反応の起こらない「自家歯牙移植」

自家歯牙移植とは?

臓器移植の一種の治療方法であり、無くなった歯の部分に、ご自分の歯を移植(トランスプラント)する方法です。
お口の中で使われていない歯(親知らず・転位歯など)がある場合に、これをドナーとして移植するため、異物反応が起こらない有効な治療法です。
また、歯を支える組織である歯根や歯根膜も同時に移植できるというメリットもあります。

ただし、移植先と歯の形態などが合わなかったりすることもあるため、高度な技術が必要となったり、不可能な場合もあります。

症例1:自家歯牙移植によるブリッジ

使用前
▲ 治療前 左上の第3大臼歯(親知らず)を右上の歯のない部分に移植します。
使用後
▲ 治療中
使用上顎 使用下顎
▲ 治療後
移植歯のおかげで、上下ともに義歯を入れずにすみました。お食事も会話も快適にできます。

症例2:右下の前歯を右上に移植

使用前
▲ 治療前
ころんだ時に前歯をぶつけ、2本を抜かなければならなくなりました。
使用後
▲ 治療中
オールセラミックを用い、歯並びと噛みあわせも一緒に治すことになりました。 右下の前歯を抜いて、右上に移植してから、矯正で下の歯並びを治します。
使用前
▲ 治療中
外傷により失った2本の歯の部分に、
歯の移植治療とインプラント治療を行いました。

使用前
▲ 治療前
歯並びも良くなり、移植歯とインプラントも骨にしっかりと結合しました。

使用後
▲ 処置8年後
移植歯とインプラントの部分にセラミックの冠をかぶせました。隣の歯を削ることなく、無くなった歯の部分を補綴できました。
歯並びも最初に比べ、とてもきれいです。
資料提供
中野歯科クリニック
院長 : 中野 正博先生
>> 医院紹介ページへ

タグ:
移植親知らず

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材