抜歯即時埋入-治療期間を短縮できる治療法-

抜歯した当日にインプラントを入れる技術!

インプラントを入れたい場所に、折れた歯などが残っていたらどうするのでしょうか?通常であれば抜歯をしてから数ヶ月待ち、また麻酔をしてインプラントを入れる手術をすることでしょう。ところがそのやり方には大きな問題がはらんでいます。歯を抜いてしまうと、今までその歯を支えていた骨と歯肉が吸収(退化していくこと)されてしまうのです。
骨がなくなってしまうとインプラント治療が難しくなってしまうばかりでなく、もしそれが前歯であれば、審美的な状態に回復することが不可能になってしまうことすらあるのです。
抜歯即時インプラントは、そのような問題点を可能な限り少なくしてくれる画期的な治療法であり、術前の診査・診断が充分になされていれば、従来の方法と同じ成功率を得ることが出来ます。そのためには、CTデータとそれを基にしたコンピュータ・シミュレーションが非常に重要になってきます。

<<抜歯即時インプラント>>の特徴

  • 抜歯と同時にインプラント埋入(埋め込み)を行うので、手術が一回で済み治療期間を飛躍的に短縮できる。
  • 抜歯後の骨と歯肉の吸収がない段階で手術を行えるので、GBRなどの骨再生手術が必要ない。
  • ほとんどのケースにおいて、無切開手術即時負荷インプラントが適応可能である。

抜歯即時インプラント治療例

CASE1 歯が割れてしまった

治 療 前

治 療 後
子供のころ転んで神経が死んでしまっていた歯が、硬いものを噛んだときに割れてしまったとの事です。骨と歯肉には全く問題ありませんので、歯茎をメスで切らなくて済む無切開抜歯即時インプラントの適応と考えました。実際、術後の腫れ・痛み・出血などはほとんど無かったとのことです。 歯肉の状態も非常に良く、一見どこをインプラント治療したのか分かりません。このケースの場合、最終のセラミックをセットしたのはインプラント手術をしてから4ヵ月後であり、前歯部にしては非常に短い期間での治療終了となりました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材