歯周病治療とインプラントを適用した症例

部分義歯に馴染めず、残った歯で何とか噛んでいる状態でした。徹底した歯周病治療、インプラントの適用により、歯並びが蘇りました。【50代 男性】

治療前


レントゲン写真
重度の歯周病で歯を数本失ったことにより、噛みあわせも深くなってしまっています。全体的な噛みあわせの回復や歯周病治療には綿密な治療計画を立てる必要があります。

治療後


レントゲン写真
ブリッジやセラミッククラウンなどのかぶせ物による歯周補綴と、インプラント治療を行いました。歯周病による歯ぐきの腫れや、歯のぐらつきもなく、正常な噛みあわせになりました。
資料提供
あとうデンタルクリニック
院長 :阿藤俊一先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材