骨造成をおこなわない審美的インプラントの症例

治療前の歯列全体のレントゲン写真(オルソパントモグラフィー)

術前のオルソパントモグラフィーです。左上前歯の欠損の顎骨は著しく萎縮している状態ですが、患者の希望で術前のAugmentation(骨造成)の施行を行なわず、審美的な回復は補綴物で行なう治療方針とした。

治療前の口腔内写真

右上顎の欠損状態

上顎前歯の欠損状態

左上顎の欠損状態

治療中の口腔内写真

天然歯に対するアバットメントの右側方面観

天然歯に対するアバットメントの前方面観

天然歯に対するアバットメントの左側方面観


経過観察中の写真

術前の治療として、咬合再構築のため。プロビジョナル冠を装着し、経過観察を行なった。

2次オペ後の写真

2次オペ後、ヒーリングアバット装着

2週後、アバットメンント装着

咬合面観

2次オペ後の写真

上部構造のMB(メタルボンド)を装着

マグネット付き着脱式ダミーガム(人工歯肉)

着脱式ダミーガムを装着

資料提供
いしやま歯科医院
石山 照雄先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材