総入れ歯からのインプラント 
オール・オン・フォー(All on 4)の臨床例

症例1 手術前の口腔内写真

   
   
手術前の状態です。下の顎には歯が一本もありません。

症例1 外科用のガイドを装着した状態


インプラントを正しい位置に入れるためのガイドです。

症例1 インプラントを入れた直後


インプラントを入れた直後の写真です。
左の写真が下顎を上から見たところで、右の写真は前から見たところです。

症例1 手術開始から2時間後の口腔内写真

手術を始めてからわずか2時間で、このような固定式の仮の義歯を入れることが可能となるため、
2時間前とは食生活が一変し、今まで控えていた食物や、あらかじめ食物を細かくしておくなどのことが不要になります。

症例1 インプラントを入れた直後のX線写真

インプラントを入れた直後のパノラマエックス線写真です。白い丸の中に見える黒いところが下歯槽神経です。この神経を避けながら、しかもなるべく奥の歯まで入るように、このように斜めにインプラントを植立します。通常この方法で、一番最後の歯である第二大臼歯一本を除いたすべての歯を入れることができます。

症例2 手術前の口腔内写真

   
   
手術前の状態です。上の顎には歯が一本残っていますがぐらぐらです。

症例2 手術開始から3時間後



白い線が上顎洞のラインで青い線が歯槽骨の頂点のラインです。左右とも白い矢印のところでは3mmくらいしか骨がありません。ここに骨を作る方法もありますがその場合には歯が入るまでに半年以上かかってしまいます。
手術開始からわずか3時間で右のような固定性の義歯をいれることが可能です。

骨の状態がよい場合のインプラント

手術前 手術中 1年後
もちろん、骨の状況が良ければこのように多数のインプラントを植立した直後にも固定式の仮の義歯を入れることは可能です。

オール・オン・フォー(All-on-four)の開発者紹介


開発者のMalo先生(ポルトガル)と症例写真を
ご提供頂いた鈴木仙一先生(神奈川県海老名市)