噛み合わせをインプラントで治療する

下の写真は、左右の下顎の奥歯がなく噛み合わせに影響が出ている症例です。このままでは、将来噛む際に下顎の負担がかかりすぎて、前歯も噛み合わせが崩れいていくという「咬合崩壊」が起きてしまいます。この治療では、インプラントを入れることで噛み合わせのバランスを整えました。

また、上顎に見られる歯周病も治療し、健康だった時のお口の中を再現し審美的にも満足いただける仕上がりになっています。
※カーソルを画像の上に持っていくと、術後の状態が確認できます。


義歯では不可能な臼歯部の咬合支持をインプラントによって改善しています。
インプラント埋入前のレントゲン写真 インプラント埋入後のレントゲン写真
▲ 治療前 ▲ 治療後

タグ:
審美噛み合わせ症例

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材