マグネット義歯(入れ歯)を安定させるインプラント症例

部分的なインプラントでマグネット義歯(入れ歯)が安定します

上下の入れ歯でお悩みの患者様の症例をご紹介します。
この患者様は、上の入れ歯は噛めるが、下の入れ歯が動いて外れやすいということでした。 あまり固いものも噛めないのでどうにかしてほしいと、治療を依頼されました。

▼ 治療前

 width=正面からの写真です。
 width=入れ歯を外した状態の写真です。
 width=入れ歯を装着した下側の写真です。
 width=入れ歯を外した下側の写真です。
 width=

▼ 治療の流れ

下の入れ歯が動いて外れやすい原因としては、下の入れ歯をささえる歯が1本しかないために、噛むときに入れ歯が浮き上がることが考えられました。そのため、インプラントを3本下あごに埋め込み、2本のインプラントに磁石での入れ歯の浮き上がり防止機能をもたせ、もう1本のインプラントに入れ歯の脱離防止のアタッチメント(入れ歯固定のための装置)機能をもたせました。
 width=インプラントが左に1本、右に2本埋め込まれています。
 width=下の入れ歯の表面の写真です。1本の歯も入れ歯の固定に使うためにバネをつけました。
 width=下の入れ歯の内側の写真です。左右の金色の丸いものが、インプラントと入れ歯を磁石で維持するマグネットです。右下の方の銀色ものが、アタッチメント装置です。
 width=

▼ 治療後

 width=新しい入れ歯を装着した状態です。
治療後は入れ歯が安定し、何でも固いものが噛めるようになって食事が楽しいとおっしゃっていました。このように数カ所にインプラントを埋め込むことで、入れ歯の動きおさえることができます。多くのインプラントを埋め込むよりも治療費もおさえることができますので、このようなお悩みの患者様にとっては有用な治療法だといえるでしょう。
※治療結果には、患者様によって個人差があります。
院長 : 菅鉢 孝治先生
資料提供
ピュアデンタルクリニック 新大江歯科診療所
院長 : 菅鉢 孝治先生
⇒医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材