インプラントで入れ歯の不快感から解放された症例

入れ歯を入れるとビリビリとした不快感があるケース

CASE 入れ歯の不快感を治したい

上下ともに歯を喪失し、長年入れ歯を使用されてきた方です。
入れ歯を入れるだけで神経を触られるようなビリビリとした不快感があり、全く入れ歯を入れることが出来ないという問題を抱えていました。

STEP1 検査・診断

まずは口腔内写真とパノラマレントゲンを撮影し、顎の骨の状態まで詳しく確認しました。
その結果、長年の入れ歯の使用により、顎の骨が溶けてしまっていることが分かりました。(入れ歯の使用などで顎の骨に正常な機能圧がかからなくなると、顎の骨は溶けて吸収されてしまいます。)
【診断】

  • 本来、骨の中に埋まっている神経が、顎の骨が溶けることによって、歯茎の上から触れることができるようになっている。
  • 入れ歯が神経に触れてしまうため、ビリビリとした不快感がある。
  • このような場合、新しい入れ歯に替えたとしても、不快感がなくなることはない。

STEP2 インプラントを埋め入れる

神経があるところを避け、しっかりと骨のある箇所にバランスよくインプラントを埋め入れます。
このケースでは、インプラントを埋め入れる手術をしたその日からまともに食事ができるように、手術のその日に仮歯を装着しました。

STEP3 仮歯の装着
神経に触れないように調整した仮歯をインプラントに装着します。 仮歯に穴を開け、スクリューでインプラント体を固定することにより、しっかりとした動かない仮歯になります。

インプラントで治療したことにより、入れ歯による不快感を改善させることができました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
資料提供
吉本歯科医院
院長 : 吉本 彰夫
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材