左下奥歯のインプラント治療

下顎奥歯にインプラント2本を埋め入れた症例

Before 初診での診断をする
初診の診断をする

左下奥歯を2本失った状態で来院された患者様です。CT撮影を行い、上顎の奥歯と下顎の奥歯の噛み合わせを把握し考慮した上で、インプラントを埋め入れる必要があると診断しました。

STEP1 インプラントを埋め入れる
インプラントを埋め入れる

2本のインプラントを埋め入れる治療を行いました。埋め入れた後にCT撮影を行い、インプラントの角度や位置が適切か、骨の厚みや高さが十分だったかなどを確認します。右のCT画像では、埋め入れた2本のインプラントがそれぞれ適切な位置にあることが確認できます。

STEP2 人工の歯を装着する
上部構造を装着

人工の歯には、金属を使わない2本の歯が連なったジルコニアクラウンを装着し、穴をふさいで完了しました。審美性には少し問題がありますが、金属を使用していないので、歯肉には優しい治療となりました。インプラントを埋め入れた歯の隣は銀色のインレーをつめていましたが、他の歯と合わせてセラミックインレーにしました。

STEP3 最後にCT撮影をする
CT撮影

最後に、人工の歯を装着した状態でCT撮影を行いました。真横からインプラントの埋め入れ位置、人工の歯の位置を確認しました。上顎と下顎が噛み合うようになったことで、奥歯でもしっかり噛めるようになりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。
安部徹歯科医院
資料提供
安部徹歯科医院
院長 : 安部 徹
>> 医院紹介ページへ

タグ:
CTジルコニアセラミック症例

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材