下顎1本をショートインプラントで治療した例

ショートインプラントで周囲の歯の延命につなげる

Before
レントゲン写真

右下の歯1本が割れてしまった状態で来院されました。レントゲン撮影を行ったところ、歯を保存できる状態ではありませんでした。両隣の歯を削って治療するブリッジよりも、インプラント治療を行った方が、周囲の歯の延命につながることを説明し、患者様はインプラント治療を選ばれました。

STEP1 抜歯をする
抜歯をする

まずは、割れた右下の奥歯を1本抜歯しました。

STEP2 ショートインプラントを埋め入れる
ショートインプラントを埋め入れる

下顎の場合、骨の中に太い神経が通っています。この患者様はインプラントを埋め入れる位置が神経に近かったため、ショートインプラントを埋め入れました。

After 人工の歯を装着して完了
上部構造を装着して完了

人工の歯を装着しました。見た目の違和感はほとんどありません。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。
安部徹歯科医院
資料提供
安部徹歯科医院
院長 : 安部 徹
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材