奥歯のブリッジからインプラントにした症例

右上の奥歯にインプラント1本を埋め入れました

Before 保険適用のブリッジが歯周病に!
保険適用のブリッジが歯周病に!

この患者様は、過去に右上の奥歯を1本失って、銀色のブリッジで治療を行っていました。ブリッジがかかっている両隣の歯に違和感を感じて来院されました。検査をしたところ、奥歯のブリッジ部分が歯周病に冒されていることが分かりました。

After インプラント1本を埋め入れる
インプラント1本を埋め入れる

欠損していた箇所にインプラントを埋め入れ、人工の歯を装着しました。両隣の歯はオールセラミッククラウンを被せています。今まで連結している被せ物でしたが、それぞれ単体の被せ物となり、歯の負担や違和感が軽減されました。また、ブラッシングもしやすくなり、掃除がしっかりできる環境になりましたので、お口の中を清潔に保つことができるようになりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。
安部徹歯科医院
資料提供
安部徹歯科医院
院長 : 安部 徹
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材