左下奥歯の審美的インプラント治療例?

ブリッジから、「インプラント治療+セラミック治療」を行った例

Before 左の奥歯2本を失い、4本の歯を支えにブリッジをしている状態
Before 口腔写真   Before レントゲン画像
左下の奥歯2本を欠損し、ブリッジ治療を行っていた患者様です。奥歯は噛む力が大きくかかるため、ブリッジを土台にする歯に負担がかりすぎていました。レントゲン写真を撮って検査したところ、ブリッジを続けることができない状態でした。
After インプラントを2本埋め入れた後、審美性のある人工の歯を被せた
After 口腔写真   After レントゲン写真
2本のインプラントを埋め入れ、残りの2本の歯には、天然の歯のように透明度があるセラミッククラウンを被せました。ブリッジから人工の歯根があるインプラントに変わったため、奥歯で硬いものも噛めるようになりました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
安部徹歯科医院
資料提供
安部徹歯科医院
院長 : 安部 徹
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材