より綺麗な歯に!前歯の審美インプラント治療

綺麗な歯に仕上げるインプラント治療の流れ

治療前の状態
▲ 治療前の状態
CASE 前歯が折れ、感染を起こしている

前歯が根っこから折れ、さらに炎症を起こして歯茎が腫れていた患者様の治療例です。(水色の円で囲んだ部分が炎症を起こしています。)

「見た目を綺麗にしたい」とのご要望があったため、審美性の回復に配慮し、下記のような流れで治療を行いました。


抜歯
STEP1 抜歯

根っこが折れた歯は残すことができないため、抜歯をします。

抜歯後は、歯茎が治癒するまで2ヶ月ほど待ちます。

インプラントを入れる
STEP2 インプラントを埋め込む

抜歯の2ヶ月後、失った歯の代わりにインプラントを埋め込みます。
このとき、歯を失って薄くなった周囲の骨を増やすための治療(GBR)を同時に行います。

GBRのイメージ
▲ GBRのイメージ
STEP3 骨を増やす治療(GBR)

インプラントを埋め込んだ後、唇側の骨が薄い部分に人工の骨を充填し、その上を人工の膜で覆ってから歯茎を閉じます。
この治療を行うことにより、薄くなってしまった骨を増やすことができます。

歯茎の移植手術
STEP4 歯茎の移植手術

さらに8ヶ月後、見た目を美しく仕上げるために、インプラントを埋め入れた部分に歯茎を移植します。これにより、歯茎に自然なボリュームを出すことができました。

ジルコニア製のアバットメント
STEP5 人工の歯の土台を取り付ける

2ヶ月ほど歯茎の治癒を待った後、人工の歯をセットするための土台(アバットメント)を、インプラントに取り付けます。この土台は通常はチタン製ですが、白いジルコニア製のものを使用することで、より白く美しい歯を再現することができます。

人工の歯をセット
STEP6 人工の歯をセット

土台を取りつけた後は、仮歯で歯茎の形態の調整を行ってから、最終的な人工の歯をセットします。
人工の歯は変色の少ないオールセラミックで作製し、周りの患者様自身の歯と区別がつかないほど自然で綺麗な歯に仕上がりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材