硬いものも食べられる!インプラントでしっかり噛める歯へ

インプラント治療 + マグネットによる入れ歯の固定で、噛み心地を改善

Case 噛めないので、満足に食事ができるようになりたい
治療前の状態
▲ 治療前の状態

こちらの患者様は、下あごが前歯1本以外はすべて失っており、入れ歯を使用されていました。
上あごも前歯が5本残っているのみで、満足に食事ができない状態でした。
歯は出来るだけ保存しながら、「硬いものでも何でも食べられるようになりたい」とのご要望でした。

抜歯をした下あご
▲ 抜歯をした下あご
STEP1 抜歯

下あごはインプラントで治療し、上あごは残った歯にマグネットで入れ歯を固定する治療計画を立てました。

まずは、下あごに残っている今にも抜けそうな歯を抜歯します。上の歯も5本中1本は抜歯となりました。

金属のキャップを被せた状態
▲ 金属のキャップを被せた状態
STEP2 歯に金属のキャップを被せる

上あごの残った歯に、金属のキャップを被せます。
一方、上あごに装着する入れ歯には高性能の磁性体(マグネット)を取り付けます。これにより、磁力で入れ歯を安定させることができます。

入れ歯を装着した状態
▲ 入れ歯を装着した状態
STEP3 入れ歯を装着

金属のキャップを被せた歯に、マグネットを取り付けた入れ歯を装着します。
下の歯も、インプラントを埋め入れるまでは仮の入れ歯を装着します。

STEP4 インプラントを埋め込むシミュレーション
コンピュータでシミュレーション
▲ コンピュータでシミュレーション

CTであごの骨の状態を撮影し、そのデータを元にインプラントを埋め込む深さや角度などをコンピュータ上でシミュレーションします。

下あごは、インプラントを6本埋め込み、12本分の歯の機能を回復させます。
シミュレーションに基づいて、手術のためのドリルガイド(手術用テンプレート)も作製します。

インプラントを6本埋め込む
▲ インプラントを6本埋め込む
STEP5 インプラントを埋め込む

ドリルガイドを用いて、インプラントをシミュレーション通りに的確に埋め込みます。
インプラントを埋め込んだ後は、セラミック製の歯を装着するための土台(アバットメント)をインプラントに取り付けます。

仮歯を装着
▲ 仮歯を装着
STEP6 仮歯を装着

歯茎が治癒するまで待ってから、インプラントに仮歯を装着します。
仮歯の状態で、歯茎の形態の調整を行います。

STEP7 最終的に被せるセラミックの歯を作製
最終的なセラミックの歯を作製
▲セラミックの歯を作製

強度に優れ、透明度の高いセラミック素材であるジルコニアで最終的に被せる歯を作製します。
右の写真は、歯12本分のジルコニア製のフレーム(歯の枠組み)です。これほど大きなフレームでも、最新のCAD/CAMシステムを使用する事で、誤差なく適合の良好なセラミックの歯を作製することができました。

セラミックの歯を装着
▲ セラミックの歯を装着
STEP8 セラミックの歯を装着

作製したセラミックの歯を、インプラントに装着します。
金属部分が全く口腔内に露出しないので、より衛生的な歯を提供することができました。
下あごが完全な固定式の歯になったことで、噛む機能が格段に向上し、患者様のご要望通りに硬いものでも噛めるようになりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。