重度の虫歯になった奥歯をインプラントで治療した例

ブリッジの影響で悪化した虫歯を、インプラントで治療

Case 右下の奥歯のブリッジの状態が悪い
治療前のレントゲン
▲ 治療前のレントゲン

こちらの患者様は、右下の奥歯2本を失っており、その手前の歯3本を支えとした延長ブリッジ*で治療されていましたが、ブリッジを支えている歯に不都合を感じ、来院されました。
診察をしたところ、ブリッジを支えている3本の歯のうち、奥側の2本は虫歯が歯の根まで進行しており、抜歯せざるを得ない状態でした。

?

*延長ブリッジ…ブリッジの端にポンティックがあるもの

STEP1 抜歯・CT診断
抜歯した状態
▲ 抜歯した状態

まず、重度の虫歯となった奥歯2本を抜歯します。


その後、CTスキャンであごの骨を撮影し、診断します。
骨の高さが不足していたことから、標準より少し短めのインプラントも使用し、喪失歯4本に対して、4本のインプラントを使用する計画を立てました。CTのデータをもとに、コンピュータ上で手術のシミュレーションも行います。

            インプラントを埋め込む
▲ インプラントを埋め込む
STEP2 インプラントの手術

下あごには、下歯槽神経という太い神経が存在します。
CTデータをもとにしたシミュレーション通りに、この神経を傷付けないようインプラントを埋め込みます。



            GBRのイメージ
▲ GBRのイメージ
STEP3 手術と同時に骨を増やす治療を行う

インプラントを埋め込むと同時に、人工の骨と膜を使って骨を増やす処置を行います。
この治療方法は「GBR」といい、幅が足りない部分の骨を増やすことができます。

セラミックの歯を装着
▲ セラミックの歯を装着
STEP4 セラミックの歯を装着

新しい骨が十分に固くなるのを待ってから、最終的なセラミックの歯を装着します。セラミックの歯は、「ジルコニア」を使用した4本連結タイプにすることで、短めのインプラントでも咬合力への抵抗力・強度があり、さらに清潔さを保ちやすい歯に仕上がりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材