上あごの骨が薄い場合のインプラント症例

サイナスリフト・GBRなど骨を増やす治療を併用した症例

Case 上あごの歯がほとんどない
治療前のお口の状態
▲ 治療前のお口の状態

こちらの患者様は、上の歯がほとんどなく、下の歯が上の歯茎にあたっている状態でした。患者様は、「とにかく噛めるようになりたい」と、インプラント治療を希望されました。
レントゲン撮影をして確認すると、上あご奥歯部位にインプラントをするには、骨の高さが不足していることがわかりました。
そこで、骨を増やす治療を併用して、インプラント治療を行う計画をたてました。

STEP1 診断用ワックスアップ
口腔内で調整
▲ 口腔内で調整

インプラント治療にあたっては、術前に最終的には歯の形態がどのようになるのかを、しっかりと診断することが大切です。

そこで、診断用ワックスアップを行います。これは、最終的な口腔内の歯並びの形態をワックスでシュミレーションするものです。これを実際に口腔内で調整して、より自然な形態に整えます。

STEP2 ステントを装着してCT撮影
ステントを装着した状態
▲ ステントを装着した状態

下の歯は、歯根が露出していた前歯を抜歯し、ブリッジの仮歯を装着しました。

次に、インプラントの手術の前にあごの骨の状態を的確に診断するため、CT撮影を行います。このとき、最終的な歯がどの位置に来るのかが分かるよう、バリウム入りのレジンで歯の形態を再現したCT撮影用ステントを作製し、このステントを装着したまま、CT撮影を行います。

STEP3 手術のシミュレーション
CT撮影によるデータ
▲ CT撮影によるデータ

CTのデータには、最終的な歯の位置もしっかりと写っています。

また、上あごに存在する骨の空洞「上顎洞」の様子も精密に確認できます。このCTのデータを元にコンピュータ上でインプラントを埋め込む手術のシミュレーションを行います。

STEP4 骨の高さを増やす治療「サイナスリフト」
サイナスリフトのイメージ
▲ サイナスリフトのイメージ

上あごの奥歯部位は、インプラントを埋め込むための骨の高さが不足していましたので、骨を増やす治療「サイナスリフト」を行いました。

「サイナスリフト」とは、上あごの奥歯の上に存在する空洞「上顎洞」の底部の粘膜を、専用の器具で押し上げてスペースをつくり、そこに骨補填材(人工の骨)を満たし、骨を増やす治療です。

STEP5 インプラントの埋め込み&骨幅を増やす治療(GBR)
GBRのイメージ
▲ GBRのイメージ

次に、事前のシミュレーション通りに、インプラントを埋め込みます。
このとき、人工の骨と膜を使って骨を増やす処置を同時行います。
この治療方法は「GBR」といい、インプラントを埋め込む部位の骨の幅が足りない場合に、骨を増やす治療法です。

土台を取り付ける
▲ 土台を取り付ける
STEP6 人工の歯の土台を取り付ける

全てのインプラントが骨と結合したら、人工の歯を装着するための土台、「アバットメント」をインプラントに取り付けます。そして、精密に歯型をとり、最終的に装着する人工の歯を作製します。

人工の歯を装着
▲ 人工の歯を装着
STEP7 人工の歯を装着

金属のフレームの上にセラミックを焼き付けて作製した歯、「メタルボンド」を装着します。「メタルボンド」は、強度に優れた人工の歯です。
患者様のご要望通り、しっかりと噛める歯に仕上がりました。

BEFORE&AFTER

治 療 前

治 療 後

※治療結果は、患者様によって個人差があります。