審美的に自然なインプラント症例

一人ひとりに合った歯の色や形を再現した治療例

インプラントによる治療は、インプラントをしっかりと顎の骨に固定し、そこに人工の歯を装着するため、天然の歯に近い咀嚼力を回復することが可能です。
しかし、患者様の中には、きちんと噛めるということの他に、「自然な見た目になる」という点を大切にされている方も多いと思います。
ここでは、歯科技工士が直接患者様のお口の状態を確認し、一人ひとりに合ったインプラントの人工歯を作製した場合の治療例をご紹介いたします。

CASE1 上顎の歯がほとんど無い方

治 療 前

治 療 後
上顎の歯をほとんど失ってしまっていました。
失った箇所にインプラントを埋め込みます。
人工の歯をインプラントに装着しました。
形も色も自然な歯です。
CASE2 下顎の奥歯が無い方

治 療 前

治 療 後
下顎の奥歯を両方失ってしまった状態でした。 インプラントを埋め込み、前歯の色と調和する人工の歯を装着しました。
また、天然の歯に近い咀嚼力を回復させることができました。
CASE3 下顎の奥歯を1本失った方

治 療 前

治 療 後
もちろん、1本だけ歯を失った場合でも、インプラントは治療は可能です。 どちらの歯がインプラントか分からない程に、周りの天然の歯と調和しています。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材