ジルコニアによる審美インプラント治療症例集

ジルコニアによる審美インプラントとは?

従来の金属を使用したインプラントの土台(アバットメント)では、その上にセラミックなどの白い人工歯を装着しても、中から透けてしまったり、歯ぐきからから金属の色が見えてしまうことなどが、しばしば問題になりました。
酸化ジルコニウムという素材を用いることで、より審美的で自然な歯を作ることができるようになりました

CASE1
前歯2本の欠損に対して、ジルコニアをもちいて審美的にインプラント治療をおこなったケース

治療前
1.治 療 前(正面写真)

治療前
1.治 療前(下から見た様子)
前歯に隙間があり歯並びも悪くない状態。 下顎から見ても、隙間がわかります。
治療中
2.治 療 中
治療後
治 療後
隙間の目立つ箇所にフィクスチャーを装着します。 ジルコニア素材を用いた上部構造を装着しました。
CASE2
上顎中切歯の欠損に対して、ジルコニアのアバッタメントをもちいて審美的にインプラントで回復したケース

治療中
治 療 中(正面写真)

治療中
治 療中(横から見た様子)
欠損部にジルコニアを用いたアバットメントを装着しました。
治療中
.治 療 中
治療後
治療後
欠損部にジルコニアを用いたアバットメントを装着しました。 ジルコニア素材を用いた上部構造を装着しました。
CASE3
下顎の奥歯の欠損に対してジルコニアアバットメントを特徴とする、ザイブインプラントにより治療を行ったケース

治療前
治 療 前

治療後
治 療後
下顎の奥歯が全て欠損しています。 ザイブインプラントにより、奥歯が審美的にもキレイに埋め込まれました。