上顎の奥歯を失った場合の症例

右の奥歯を2本失った場合の症例

アバットメントと一体化したインプラント
▲アバットメントと
一体化したインプラント体

この患者様の場合、まず、パノラマレントゲン写真上でインプラント体を埋入する位置のシミュレーションをおこないました。インプラント体を埋入する手術には1回法と2回法がありますが、歯茎の切開の回数が少ない1回法で手術をしました。アバットメント(インプラント体と人工歯を固定するための支台)と一体になっているインプラント体を1回の手術で埋入します。

インプラントの位置を確認
インプラント体を埋入する
位置を確認します。
インプラント埋め入れ後
インプラント体を
埋入しました。

インプラント体を埋入した後、骨と結合するまで1ヶ月ほど治癒期間をおきます。型取りをして作った人工の歯を装着し、治療は完了します。治療後は、定期的に検診に通います。自宅での毎日のケアもとても重要になります。

失った左奥歯の顎の骨が薄い場合の症例

歯が重度の歯周病におかされていたり、歯を失い放置していた場合、その歯を支えている顎の骨は次第に痩せていきます。上顎の骨が痩せてしまうと、頬骨にある上顎洞と呼ばれる空洞がさがってきてしまい、インプラント体を埋入する際に傷をつけてしまう可能性があります。

ソケットリフト
▲ ソケットリフト
(骨の薄い状態→上顎洞を挙上すると同時に、インプラント体を傾斜埋入)

この患者様の場合も、上顎の奥歯を支える骨が痩せてしまい、他院ではインプラント体を埋め入れることができませんでしたので、「ソケットリフト」という方法で、インプラント埋入と同時に上顎洞を押し上げ、骨を増生させる治療をおこないました。
下記の赤丸の部分に自家骨を増生させ、骨とインプラント体が結合するまで、約1ヶ月半の治癒期間をおき、インプラントが安定したのを確認して、型どりをおこない、上部構造を装着します(術後約2ヶ月)。治療後は、定期的(半年に一回)に検診に通います。自宅での毎日のケアも重要になります。

顎の骨の状態
上顎の骨が薄く、
通法でインプラント体の埋入を
行うのは困難です。

インプラント埋め入れ後

傾斜埋入+ソケットリフトで埋入し
十分な初期固定を得ました。
※治療結果には、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材