金属が透けない前歯のインプラント治療

インプラントの構造
インプラント治療は、チタンでできた歯根部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込み、同様にチタン製の連結部分(アバットメント)を使用して人工の歯をかぶせていく治療です。しかし、人工の歯をアバットメントに装着した際にインプラントが透けてしまったり、歯ぐきから金属部分が見えてしまう場合があります。 そこで、目につきやすい前歯の治療の場合には、見た目を考慮し、アバットメントにジルコニア素材のものを使用することがあります。

前歯を1本失った場合

治療前
治 療 前
埋め入れたインプラント
アバットメントを装着
治療後
人工の歯をかぶせる
前歯を1本失った患者様です。フィクスチャーを埋め込み、ジルコニアのアバットメントを固定し、その上に人工の歯をかぶせて完了です。

前歯の1本をインプラントでもう1本を差歯で治療した場合

治療前
治 療 前
埋め入れたインプラント
アバットメントを装着
治療後
人工の歯をかぶせる
写真から見て左の前歯を失ったところにインプラントを埋め込み、ジルコニアのアバットメントを装着しました。右の前歯は差歯を装着できるよう形を整え、その上に人工の歯をかぶせて治療しました。両方とも天然の歯とほとんど変わらない見た目です。

前から2番目の歯を治療した場合

治療前
治 療 前
埋め入れたインプラント
アバットメントを装着
レントゲン写真
レントゲン写真
治療後
治 療 後
治療前の写真から見て、右2本目の歯を失っている患者様です。こちらも日常生活を送る上で目につきやすいところですので、ジルコニアのアバットメントで治療しています。レントゲン写真をみてもしっかりに埋め込まれていますので、人工の歯をかぶせて完了です。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材