歯周病で歯を失った場合の治療例

歯周病になると歯肉が炎症を引き起こし、歯がグラグラになったり、炎症の影響で歯肉が腫れてたり、重度の場合には抜け落ちてしまうことがあります。このような場合には、インプラント治療をする前に、まず歯周病をしっかり治すことが肝心です。

上の顎の歯と下の顎の歯を部分的に失った場合

治療前
治 療 前
埋め入れたインプラント
改善された歯肉
治療後
治 療 後

この患者様は重度の歯周病でしたが、歯周病の治療をしたことで歯肉の腫れもおさまり、インプラントを埋め入れられる状態にまでに改善ができました。残せる歯には差歯をかぶせ、抜歯した部分にはインプラントを埋め込み、人工の歯をかぶせて完了です。

下の顎の歯をほとんど失った場合

治療前正面
治療前(正面)
治療前下顎
治療前(下顎)
埋め入れたインプラント
埋め入れたインプラント
治療後
人工の歯を装着
下の顎の歯が重度の歯周病で歯肉が赤く腫れあがっている患者様です。歯周病の治療の結果、残せる歯は2本だけでした。残った2本の歯には差歯をかぶせ、抜歯した部分にはインプラントを埋め込み、人工の歯をかぶせて完了です。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。


タグ:
歯がない歯周病症例

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材