入れ歯が合わず食事が満足にできなかった場合の症例

「とにかくしっかり噛みたい」というご要望の患者様 (73歳 女性)

下の入れ歯が動いてしまって、しっかり物を噛むことができない、食事の度に物が挟まって気持ちが悪いと、入れ歯に対して抵抗が感じられる患者様がインプラント治療をした症例です。

手術前の写真
手術前の写真

数本残った歯

上の顎に4本、下の顎に3本の歯が残っている状態です。 今後良い状態でで残りそうな歯は1本だけということがわかり、「しっかり噛めるようになりたい」という強い気持ちから、全て抜歯してからインプラント治療にすることを決断されました。

インプラントを挿入後のレントゲン写真
インプラントを2回に分けて埋め込む
インプラントが埋め込まれた様子です。様子をみながら進めたいとい患者様の希望があったため、上の顎と下の顎を二回に分けて手術を行っています。
上の顎の手術をしてから三ヶ月後に下の顎にインプラントを埋め込みしました。

正面の写真
最終的に人工の歯が入ります

自分の歯と同じような見た目になりました。 この患者さまの場合、インプラントの歯を少し大きめに作ることで、唇のしわも解消できました。 上の顎を邪魔していた入れ歯がなくなり、以前に比べ快適に食事をすることができます。
メンテナンスのため、3ヶ月に一度の通院は欠かせません。
毎日のお手入れもとても大切です。


※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材