様々なケースのインプラント症例集

CASE1 歯を1本失った方

58歳 女性

右下の5番目の歯を失ってブリッジにしようかインプラントにしようか悩んで来院されました。インプラント治療は、インプラントとアバットメント、そして冠(被せる歯)の3層構造になっています。インプラントが根で、アバットメントは、土台に相当します。そのアバットメントは、従来はチタンで作られているものでしたが、数年前からジルコニア製が、安定して供給されるようになりました。その特徴は、強度が高く丈夫であること、装着した時に歯肉が綺麗なことです。
症例1-1
STEP1

右下にインプラントが入っていました。

症例1-2
STEP2

インプラントは、歯肉に深く隠れています。

即時1
STEP3

ジルコニアアバットメントを装着しました。
綺麗な歯肉です。歯肉がチタンの色で黒ずんでいません。

即時1
STEP4

オールセラミック冠が装着されました。歯肉の色や、歯の透明感に着目してください。前後の歯や上の歯もオールセラミック冠で治療しました。

CASE2 歯を数本失った方

58歳 女性

右下の5番目の歯を失ってブリッジにしようかインプラントにしようか悩んで来院されました。インプラント治療は、インプラントとアバットメント、そして冠(被せる歯)の3層構造になっています。インプラントが根で、アバットメントは、土台に相当します。そのアバットメントは、従来はチタンで作られているものでしたが、数年前からジルコニア製が、安定して供給されるようになりました。その特徴は、強度が高く丈夫であること、装着した時に歯肉が綺麗なことです。
症例2-1
STEP1

5番目6番目の歯にあたる部分にインプラントを2本植立しました。

症例2-2
STEP2

見える5番目はセラミック、男性ですので、見えにくい6番目は丈夫なプラチナの歯をネジ止めしました。
歯軋りをされる方でしたので、丈夫さも考慮した選択です。

症例2-3
STEP3

横から見た状態です。14年経ってもしっかり機能しています。メンテナンスに通ってくれた患者さんに感謝です。

CASE3 歯を全て失った方

57歳 女性

上顎の前歯から奥歯まで12本を失ってしまった方です。まだまだ、趣味の登山も楽しみたいし、山頂で美味しくおにぎりやとうもろこしを食べたいとご希望でした。
症例3-1
STEP1

インプラントを植立した後のレントゲン像です。4本のインプラントをバランスよく植立しています。斜めに植立するのが最新のテクニックです。

症例3-2
STEP2

歯ぐきもきれいにピンク色になっていますし、4本のバランスも問題ありません。

即時1
STEP3

チタン製の削りだしフレームでセラミックの白い歯を作ります

症例3-4
STEP4

インプラントにしっかりとネジ止めします。

症例3-5
STEP5

唇と調和してきれいに仕上がりました。思いっきり笑って、思いっきりとうもろこしをかじることができます。

吉江 誠院長先生
資料提供
吉江歯科医院
院長: 吉江 誠先生
>> 医院紹介ページへ