抜歯即時インプラント

「差し歯を使っていたが歯根が折れてしまった」「ぶつけて歯がグラグラしてきた」という方など、これから抜歯を控えている方には抜歯即時インプラントという治療法があります。
今までのインプラントでは、抜歯してから歯肉がふさがるまでの間はインプラントができませんでした。
しかし、抜歯即時インプラントは、抜歯とインプラントを同日に行うので、ダウンタイム(歯がない期間)が全くありません。インプラントが骨と結合するまでの期間は仮歯を使う事ができます。

抜歯即時インプラント:術前の写真


前歯(向かって左の歯)がグラグラしています。診断の結果、歯根部に吸収が見られました。

抜歯即時インプラント:術中の写真


放っておくと骨の吸収が進み、歯肉がやせていくので、抜歯します。
抜歯直後にインプラントの埋入を行います。

抜歯即時インプラント:術後の写真


インプラント治療後です。
通常、抜歯後は、歯肉にあいた穴がふさがるまで、
インプラント治療を待たなければなりませんでした。
抜歯即時インプラントは、抜歯とインプラント埋入を同時に行うので、
審美的にも優れており、また、外科的な治療が一回で済むのが特徴です。

▼関連ページ

抜歯即時インプラントの治療の流れを分かりやすいムービー(Flash)で紹介しています。
                                         こちらのページからどうぞ→

資料提供
優ビル歯科医院
理事長:林 揚春先生
>> 医院紹介ページへ

タグ:
症例抜歯即時

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材