激痛が走る虫歯の治療

虫歯の治療


▼治療法


◇歯髄炎 
症状:何もしなくてもズキズキ痛む、または物をかむと痛む
虫歯が神経まで達した場合は、まず神経を取る処理をしてから土台を立てて最終的に全体的にかぶせる治療をします。治療終了までの期間は長くかかる場合があります。
 
<審査・検査>
視視診・触診・打診・エックス線診査などで、歯やその周りの状態を調べます。
<診断・治療計画の呈示>
検査結果に基づき治療計画をたてて、その内容を説明します。
<治療開始>
1)局所麻酔をする。(痛みがある場合)
2)虫歯の部分を削る。
3)虫歯に感染した神経を取り除く。
4)根の長さを測り、根の先まで清掃器具が入るようにする。
5)根の中を器具を使って虫歯菌に感染している部分をとっていく。
6)根の中を消毒薬で洗う。
7)根の中に殺菌作用のある薬を入れる。
*根の中が完全にキレイになるまで5〜7の治療を 毎回くりかえします。
8)根の中に最終的な詰め物をいれる。

9)根が割れないよう土台を入れるために根の部分のかたちをつくる。

10)土台の型を取る。
*歯科技工所などで金属の土台(コア)を造ります。
11)歯の根の部分に金属の土台(コア)を入れる。
12)土台(コア)を入れた歯を削って形を整える。
13)最終的に歯にかぶせる物(クラウン)の型を取る。

*歯科技工所などでかぶせる物(クラウン)を造ります。

14)かぶせる物(クラウン)を入れてかみ合わせを調整する。
15)調整終了後、かぶせる物(クラウン)を研磨して歯に接着する。
<治療終了>
治療後は30分くらい飲食は避けて下さい。
<定期健診>



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材