知覚過敏とその原因

知覚過敏って?


冷たいものや熱いものを口に含んだ時や歯磨きの時など、様々な刺激が歯の神経に伝わり、しみるような一過性の痛みを感じることがあります。
これを「知覚過敏」といいます。


▼知覚過敏の原因

冷たいものを口にしたときに歯がしみる、これは知覚過敏の代表的な症状です。しかしその原因について一般的にあまり知られていません。
実は、身近な生活の中にもその原因が潜んでいるのです。

例えばストレスの多い現代の生活。気がつくと歯を強く噛みしめているときはありませんか?かみ合わせや歯ぎしり等で歯の一部に負荷がかかる状態が続くと、表面を覆っているエナメル質に細かいヒビが入ることがあります。
また、プラーク(細菌のかたまり)が原因で起こる虫歯や歯周病等により歯ぐきの位置が下がったり、また最近では過度のホワイトニングにより知覚過敏の症状がでるケースも出てきています。


タグ:
しみる知覚過敏

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材