検査・機器(23記事)

インプラント治療で使用されるレントゲンの種類や歯科用CTなど、インプラント治療で使用される機器や検査についてご紹介いたします。

インプラント埋入位置の原則インプラントは原則として骨の中に確実に埋まっていなければなりません。そのため、まずインプラント治療する際には埋入する位置を正確に見ることが必要です。(注;...

続きを読む ≫

CT診断を使用したインプラント治療例(二回法インプラントの治療)(患者さんの承諾を得て掲載しています)まずは、診断(パノラマレントゲンおよびCT診断)から一次手術※一次手術・・・イ...

続きを読む ≫

インプラント治療とは?▲インプラント治療イメージインプラント治療は、あごの骨に人工歯根(チタン製)を埋め入れる外科手術が必要です。安全に外科手術を行うためには、術前に治療する部位の...

続きを読む ≫

拡大鏡(サージテル)とは、歯を拡大して見ることの出来る巨大なメガネのようなものです。歯科用双眼ルーペ、テレスコープなどとも呼ばれています。様々なタイプがあり、2?7倍ほどの倍...

続きを読む ≫

Simplant(シンプラント)とは?インプラントを始めるに当たって、治療の成功率をより高め、かつ安全に行うためには事前の検査をどれだけ徹底して行うかにかかってきます。事前検査では...

続きを読む ≫

現在のインプラント治療は、失った歯を機能的かつ審美的に補うことが出来る治療の1つとして確立されています。しかし、患者様の口腔内の状態や骨の形態などによっては、手術が難しくなる場合が...

続きを読む ≫

歯科用CTとは何ですか?CT(ComputedTomography)は、X線とコンピューターを使って、検査を行いたい場所を撮影し、輪切りの断層画像として、観察・診断する装置・技術の...

続きを読む ≫

IGIシステムとは?インプラント手術は、外科的な修練を積んだ歯科医師がきちんと決められた術式を守って行えば、決してリスクの高い手術ではありません。他方、口腔内は視野が限定されるため...

続きを読む ≫

インプラント治療を成功させるためには、インプラントを正確な位置に埋め込むことが大切です。ここでは、インプラントを正確に埋入するためのコンピュータシステム、「ノーベルガイド」について...

続きを読む ≫

マイクロスコープと歯科治療▲マイクロスコープマイクロスコープとはマイクロスコープとは、手術等で使う顕微鏡のことで、最大で約30倍まで拡大して見ることができます。最初に眼科の手術で使...

続きを読む ≫


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 丹野 努 院長先生(丹野歯科医院)に一日密着取材
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材