あおば歯科クリニック 医院HP

あおば歯科クリニックのホームページを見る

▼モバイル版はこちらモバイル版
こちらの医院情報を
携帯で確認できます。
あおば歯科クリニックの診療案内

インプラントとは?

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。また、硬いものがしっかりと噛めて、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療の種類

抜歯即時埋入 - 短期間で負担の少ない手術

抜歯と同時にインプラントを埋め入れます。これにより、抜歯によって起こりやすい骨吸収を防ぐことができます(骨吸収とは、抜歯をしたことにより、刺激を受けなくなった歯槽骨が溶け出し、減少していく症状のことです)。
抜歯即時埋入による手術では、歯肉を切開しないので腫れが少なく、短期間で治療を済ませることができます。

All-on-4 - 少ないインプラント本数で安定した噛み心地

All-on-4(オール・オン・フォー)

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋め入れる手術のことです。その日に固定式の仮の歯を入れますので、すぐに噛むことができますし、機能面だけではなく審美的にも自然です。また、入院の必要はございません。

磁石式入れ歯 - インプラントと入れ歯を磁石で固定

磁石式入れ歯とは、磁石の力で入れ歯を固定する治療法です。インプラントに磁性金属を取り付け、入れ歯に小型磁石を埋め入れて、磁力で入れ歯を固定します。シンプルな構造なのでメインテナンスが簡単にでき、しっかりと固定を得られるのが特徴です。

保証・メインテナンス

アフターケアもおまかせ「あおば歯科」定期検診

インプラントは人工物であるため、虫歯になることはありませんが、歯周病には注意が必要です。歯周病はインプラント周辺の組織さえも冒していくのです。当クリニックでは定期検診の時期が来たらハガキで患者様にお知らせしています。その結果、多くの方がきちんとメインテナンスを受けてくださるようになり、歯周病の発症率もぐんと減っています。

術後も安全「インプラントの10年保証」

歯周病の危険は、ご自身の意識次第で避けることができますが、やはり万が一のアクシデントも考えられなくはありません。当クリニックでは、さらに安全にインプラントを使用していただくため、10年間のインプラント保証制度を導入しています。

インプラント手術方法 1回法と2回法

インプラント治療には、1回法と2回法という、二種類の手術方法があります。大きな違いは歯肉を切開する手術を一回行うか、二回行うか、という点です。どちらの治療法を選ぶかによって、治療期間が変わってきます。それぞれに特徴があり、当クリニックでは患者様の状態によって治療法を使い分けています。

1回法について

1回法は、外科手術を一回のみ行います。一回の手術で、顎の骨に人工の歯根を埋め入れ、同時にアバットメント、あるいは治癒用の仮のアバットメントを取り付けます。この際、アバットメントは歯肉の外に出た状態にしておきます。

治癒期間を経て、顎の骨と人工の歯根が結合した後、アバットメントに被せ物を装着します。
また、1回法には、人工の歯根に直接被せ物を装着できる1ピース型のインプラントを使用する場合と、人工の歯根にアバットメントを装着して被せ物を取り付ける、2ピース型のインプラントを使用する場合があります。

1回法の特徴
メリット
手術が一回のみなので、患者様への負担が少なくて済む
最終的に人工歯が入るまでの工程が複雑ではないので、費用が安い場合が多い
デメリット
すべてのケースにおいて選択できる方法ではない。
インプラントを埋め入れる顎の骨が骨幅・骨質ともにしっかりしていないと行えない。

2回法について

2回法では二回の外科手術を行います。
一回目の手術では、歯肉を切開し、人工の歯根を顎の骨に埋め入れる手術を行います。その後、カバースクリュー(インプラント体の頭を保護する蓋)をセットしたら、人工の歯根を覆い隠すように歯肉を元通りに縫合します。

人工の歯根と顎の骨がしっかりと結合するまで治癒期間を設けます。治癒期間は顎の骨の状態によって異なりますが、約3ヵ月〜6ヵ月程度です。骨造成手術を併用した場合は、約6ヵ月ほど、しっかりとした治癒期間をおきます。

治癒期間を経て、人工の歯根が顎の骨と結合したら、二回目の手術を行います。二回目の手術では、再び歯肉を切開しカバースクリューを外して、人工の歯根にアバットメントを取り付けます。

その後、型を採って被せ物を制作し、アバットメントに被せ物を装着することになります。

2回法の特徴
メリット
歯肉を閉じてしっかりと治癒期間を待つため、感染の可能性が低いとされている。
ほとんどすべてのケースで適応できる。
デメリット
手術が二回必要なため、1回法に比べると、患者様の身体への負担が大きい。

ページの先頭へ戻る

住所 312-0052
茨城県ひたちなか市大字東石川3614-1
ヨークタウンひたちなか店サービス棟

地図 地図を見る
ホームページ あおば歯科クリニック
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間 月・火・木・金・土・日曜
9:30〜13:00 / 14:30〜19:30
休診日 水曜・祝日
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です