インプラントの費用について

「インプラントの費用の相場ってどのくらい?」
「歯科医院によって費用が違うのはなぜ?」
「健康保険は適用されないの?」

インプラントの費用について疑問をお持ちの方は
多いのではないでしょうか?
ここでは、インプラントの費用に関する様々な疑問にお応えします。

インプラント治療の費用はどのくらいかかるの?

高いってイメージだけど、実際はどのくらい?

1本につき30〜40万円が一般的です。ただし、都市部は全国平均より少し高く設定されています。

インプラント治療は、健康保険が適用されない「自由(自費)診療」です。
そのため、医院によって料金設定が異なり、医院の環境や、歯科医師の技術、使っているインプラントによって料金が変わります。
地域によっても差があり、全国の平均としては、30〜40万円ですが、首都圏や都市部ではそれよりも少し高く、約35〜45万円が一般的な金額です。

また、インプラント治療1本あたりの費用の内訳としては、おおよそ下記のようになります。

  • 精密検査・診断料 ・・・ 約15,000〜50,000円
  • インプラントを埋め入れる手術代 ・・・ 約100,000〜385,000円
  • 人工の歯の費用(オールセラミックなど) ・・・ 約100,000〜150,000円
  • メンテナンス ・・・ 約5,000〜10,000円
インプラント治療のイメージ

インプラント治療にかかる費用は、医院によって様々です。診断、手術、また手術後のメンテナンスまで、かかる費用をすべて考慮したうえで、比較・検討されることをお勧めいたします。

「相談無料の医院を探す!」 費用やあなたの歯の状態、緊急度など、インプラント相談無料の歯科医院をご紹介!

「どうして30万円からなの?」 詳しくはこちら

「費用の内訳について」 詳しくはこちら

保険はきかないの?

インプラント治療は「自由(自費)診療」ですので、基本的に保険は適用されません

保険診療は、「全ての国民が生きていくために必要な医療を受けられるように」と考えられたシステムです。
しかし、国の財政上、限られた材料でしか治療が認められておらず、最低限の治療のみ保険に含まれます。
つまり、「生活の質を向上させるための治療」であるインプラント治療は、保険に含まれないのです。

なぜインプラントは高いの?

インプラントを埋め込むには、手術が必要です。
インプラントの手術では、様々な使い捨ての用品が使用され、雑菌などが入らないよう細心の注意が必要とされています。
環境を整えたうえで手術を行う必要があるため、一般の歯科治療と比べてコストがかかるのです

また、インプラントは一人ひとりの患者様に手作業で埋め込んでいきますので、薄利多売が難しいと言えます。

分割やローン払いは可能?

治療費の支払方法や支払い時期は、医院によって異なります。
支払方法は、現金一括、現金分割(分割の期間には治療期間内というところもあるので、何回払いにできるか確認が必要です。)、クレジット、デンタルローンなどがあり、支払いの時期は一時手術の前、手術当日、上部構造設置時などがあります。

医療費控除で得するってホント?

インプラントなどの自由(自費)診療は、医療費控除の対象となるため、申告を行うことで支払ったお金が一部戻ってきます

医療費控除とは、自分自身や生計を同じくする親族のために、1月1日から12月31日までの1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、かかった医療費と総所得金額に応じて所得税が減額される制度です。

クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です