えんどう歯科医院 入間インプラントセンター 医院HP

埼玉県入間市下藤沢340-26
えんどう歯科医院 入間インプラントセンター
院長 : 遠藤 学
院長 : 遠藤 学
当院では、一般歯科治療・小児歯科治療はもちろんのこと、インプラント治療にも力を入れております。インプラントについて興味や疑問を持たれている方は、お気軽にご相談ください。
院長をはじめ、スタッフ一同、丁寧で温かい対応を心掛けております。皆さまのご来院、心よりお待ちしております。
相談室ボランティアドクター
住所 358-0011
埼玉県入間市下藤沢340-26

地図 地図を見る
電話番号 04-2964-0640
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日 9:00〜13:30 / 15:00〜19:30
土曜 9:00〜13:30 / 15:00〜17:30
休診日 日曜・祝日
アクセス 西武鉄道池袋線 『武蔵藤沢駅』 より徒歩2分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
えんどう歯科医院 入間インプラントセンターのアクセス
駐車場 12台完備
えんどう歯科医院 入間インプラントセンターの院内紹介

当院の外観です。明るい医院になるよう、窓を多めに設計した建物です。西武池袋線『武蔵藤沢駅』から徒歩4分と、アクセスしやすい立地にございます。一般歯科治療はもちろんのこと、インプラント治療や審美歯科治療など、幅広い診療科目に対応しております。


ご来院されましたら、まずは受付にお越しください。院長はじめスタッフ一同、親切で丁寧な対応を心掛けております。不安や疑問がございましたらお気軽にご相談ください。


受付が済みましたら、こちらの待合室でお待ちください。各種書籍などをご用意してありますので、治療前後のお時間などにご覧ください。また、ご自由にご利用いただけるウォーターサーバーもございます。


診療室の各ユニットの間はパーテーションで仕切られておりますので、隣の患者様を気にすることなく治療を受けていただけます。各ユニットに設置されたモニタに、レントゲン写真などを写しながら、分かりやすい治療を行っていきます。


インプラント手術などを行うオペ室です。手術というと、長時間のものを想像されるかもしれませんが、インプラントの手術は長くはかかりません。本数や治療方法によって異なりますが、10分〜1時間程度で施術できます。


当院では、3Dパノラマレントゲン装置を導入しています。より少ないX線照射量で画像を得られるため、患者様のお身体へのご負担も軽減できます。より安全なインプラント治療を行うためには欠かせない機器です。


インプラント治療を受けられる患者様は、様々な不安をお持ちのことと思います。患者様に納得して治療を受けていただけるよう、カウンセリングや治療説明を重視しております。分からないことや疑問に思うことがございましたら、どんなことでもご相談ください。

えんどう歯科医院 入間インプラントセンターの診療案内

インプラント治療について

◆インプラントとは?

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることなく、硬いものがしっかりと噛めて、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

歯を失った場合の治療法の種類

人工歯根を顎の骨の中に埋め入れる「インプラント」

歯のない部分をインプラント治療で補います。インプラント治療は歯のない部分だけに対して行うことができ、他の歯には負担を掛けません。入れ歯やブリッジで治療する際のデメリットを克服するものです。見た目も自然で、天然歯に近い力で噛めるため、比較的硬い物を食べても問題なく噛むことができます。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

失った歯の両隣の歯を削る「ブリッジ」

歯のない部分をブリッジで治療するものです。ブリッジは前後にある健康な歯を大きく削る必要があり、土台となる歯には大きな負担がかかり、結果的に土台となっている歯の寿命を短くしてしまいます。また、ブリッジが駄目になる時には多くの歯を一気に失ってしまう危険性があります。

メリット
固定式なので、違和感が少ない。
もとの健康な歯と同様に自然な仕上がりになる。
保険でも治療を行うことができる。
デメリット
両隣の歯を削らなければならない。
支えになる両隣の歯の負担が大きい。

残っている歯にバネを掛け安定させる「入れ歯」

歯のない部分を入れ歯で治療するものです。入れ歯の安定性を得るために、ばねを反対側まで伸ばす必要があります。ばねの掛けられた歯は揺さぶられるような動きを受けるため、大きな負担となります。ばねが掛かるため、見た目も悪く、比較的軟らかい食べ物しか噛めなくなります。

メリット
歯がたくさん無くなった場合にも対応できる。
健康な歯を削る必要がない。
保険治療を行うことができる。
(保険外の入れ歯もあります。)
デメリット
取り外して手入れをする必要がある。
異物感がある。
固い物が噛みにくい。
発音がうまくできない場合がある。
顎の骨が痩せる場合がある。

ページの先頭へ戻る

えんどう歯科医院 入間インプラントセンターのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 遠藤 学

当院では、患者様一人ひとりを専任の歯科衛生士が担当する、担当制を導入しております。患者様の健康状態やお口の中の環境を、担当の歯科衛生士がチェックさせていただくことによって、一人ひとりの患者様により適した予防策を練る事ができ、歯科医師もより充実した治療を行うことが可能になります。

手術が必要なことや、保険外の治療ということもあり、インプラント治療に不安を感じる方もおられるかと思います。当院では、患者様とのコミュニケーションを大切にし、十分なカウンセリングを行いながら、治療を進めていきます。お口のことでお悩みの方、インプラント治療に興味がおありの方は、ぜひ一度、相談にいらしてください。

院長経歴

  • 明海大学歯学部 卒業
  • 明海大学PDI埼玉歯科診療所 勤務

所属学会

  • 日本歯周病学会

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!