ぐみょう今井歯科医院 医院HP

千葉県東金市求名895-6
ぐみょう今井歯科医院
院長 : 今井 守夫
院長 : 今井 守夫
1991年、求名[ぐみょう]で開院して以来、地元の皆様が健康に暮らしていけるよう努めてきました。当院には(公社)日本口腔インプラント学会の専門医と(公社)日本補綴歯科学会の専門医・指導医が在籍しております。補綴[ほてつ]に関する知識と経験を活かし、充実のインプラント治療をご提供できると自負しております。
現在では、月に1回、歯科医師へのインプラント勉強会やライブオペなども行い、技術研鑽[けんさん]にも努めています。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士と三位一体となり、総合的な治療をご提供致します。ぜひ、お気軽にご相談ください。

医院情報

住所
283-0002
千葉県東金市求名895-6

詳しい地図はこちら
電話番号
0475-58-7374
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
診療時間
平日 9:30〜13:00 / 14:30〜20:00
土曜 9:30〜13:00 / 14:30〜18:00
休診日
日曜・祝日
アクセス
JR東金線 『求名駅』 より徒歩12分

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室はありません
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応が可能です
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制ではありません
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔を行っています
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)を併設しています
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページがあります
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
お子様のお預かり対応 / セカンドオピニオン / 無料カウンセリング / 急患随時 / 日本歯科麻酔学会認定 歯科麻酔専門医 / 日本小児歯科学会認定 小児歯科専門医 / 日本歯科放射線学会認定 歯科放射線専門医 / 予約制 / 訪問歯科治療 / 治療計画書 / 公費負担医療 / 障害者治療
施設・機関
歯科医師臨床研修施設 / 顎口腔機能診断施設 / 大学病院提携
各種健診
歯科健康診断 / デンタルドック / 口腔内検査 / 歯周病検診
交通
駐輪場
お支払い
クレジットカード取り扱い / 自費診療 / 分割払い
外国語対応
英語

クチコミ

ぐみょう今井歯科医院のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院の治療設備・環境

手術環境
AED / レーザー治療器 / 超音波外科装置(ピエゾサージェリー) / 麻酔器 / ホワイトニング機器 / インプラントモーター
検査環境
虫歯検査器 / デジタルレントゲン / CT / コンピューターガイドシステム
滅菌機器
スリッパ滅菌ディスペンサー / オートクレーブ / ディスポーザブル

診療案内

当院のインプラント治療の特徴

補綴[ほてつ]に関する充実の知識と経験

補綴物を製作する
▲ 補綴物[ほてつぶつ]の製作

当院は、これまで培ってきた補綴[ほてつ]の知識と経験に基づいたインプラント治療を行っております。補綴[ほてつ]とは、インプラント、入れ歯、ブリッジなど、歯を失った際の治療方法のことです。ただ削って詰めるだけではなく、噛む、飲み込む、喋るなど「歯が健康だったときのように機能回復する」ための治療です。院長は、その補綴を特に得意とした歯科医師です。

解剖学や病理学などの基礎医学、論文の発表や講演会などを通じて得た知識は、幅広い症例の患者様に対応できるものと自負しております。

また、治療だけでなく、インプラント勉強会の講師やライブオペなど、これまでの知識や経験を活かし、歯科医師への技術指導なども行っております。勉強会などを通じて技術の研鑽[けんさん]を行うとともに、歯科医療全体の技術力の底上げにも貢献していけたらと考えております。

歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士による、三位一体の治療

患者様に適したより良い技工物をご提供できるよう、当院では院内に歯科技工士を常駐しております。歯科技工所で被せ物を製作するだけでなく、実際の治療現場にも立ち会い、患者様のお口を直接拝見し、より患者様に適した被せ物を製作致します。このように、歯科技工士が直接患者様のお口の中を診断し、被せ物の製作を行うシステムは、珍しいケースかもしれません。

また、治療にあたる歯科衛生士も、インプラント治療を中心に知識を持った歯科衛生士が行っております。

歯科技工士、歯科衛生士ともに、インプラントに対する充実した知識と経験を有しています。

歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が三位一体となって、患者様のお口の中を総合的に診査し、ご納得いただける治療をご提供しております。

▲ 三位一体の治療を行います。 ▲ 歯科医師の指示により、補綴物の仕上がりをお口の中で確認する技工士
▲ 三位一体の治療を行います。 ▲ 歯科医師の指示により、
補綴物の仕上がりをお口の中で確認する技工士

ドリルも使わず、痛みも少ないインプラント治療

インプラント手術は骨を削る痛いもの。そう思っている患者様はいらっしゃいませんか。当院では、安全で痛みも少なく、ドリルを使わない、インプラント埋入方法をご用意しています。

特殊な針を使い、手作業でゆっくりとインプラントを埋入していきます。骨にほんの小さな穴を開け、その後特殊な器具を使い、手作業で少しずつ骨を広げていきます。そのため、誤って神経を傷つけるということはほとんどありません。また、基本的に骨を削らないため、出血や身体への負担が少ない治療法なのです。

ドリルを使わないインプラント治療のメリット

  • 骨を削らないので、出血が少なく、身体に負担がかからない
  • ドリルの音や振動がないため、心理的な不安を軽減できる
  • 手術回数が少なくて済む(短期間での治療が可能)
  • 骨の吸着力が強く、インプラントが固定されやすい
  • 高血圧・骨粗鬆症[こつそしょうしょう]の患者様でも埋入が可能

インプラント補助手術について

インプラント治療は顎の骨にチタン製の人工の歯根を埋入する手術です。そのため顎の骨の幅や高さが十分にない場合、インプラント治療ができないことがあります。

そのような患者様のために、当院では人工的に骨を増やす「骨造成治療」を行っております。顎の骨が少なくてインプラント治療はできないと諦めていた患者様も、ぜひ一度ご相談ください。

当院ではいくつかの種類の骨造成治療を行っております。ここでは骨造成治療について簡単にご説明致します。

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋入するために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、サイナスリフトと同じく、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。サイナスリフトとの違いは、上顎洞の側面ではなく、インプラントを埋入する部分(上顎洞の底部)から底部の粘膜を押し上げて骨補填材を詰めることです。この方法は、サイナスリフトよりも傷口が小さくて済み、インプラントの埋入と同時に行うことが可能です。ただし、骨の厚みが最低でも5mmは必要であり、広範囲に骨を増やす場合には適しません。

症例のご紹介

66歳女性の症例

66歳の女性の症例(初診時)

上顎に歯が一本もない患者様。残っている下顎の歯も状態が悪く、すべて抜歯せざるを得ない状態でした。自然な見た目でしっかりと噛める歯にしたいとのことで、インプラント治療を選択。糖尿病の持病がございましたので、内科医と連携を取りながら治療を進めました。

66歳の女性の症例(下顎へのインプラント埋入)

下顎欠損部へインプラントを埋入後、残存歯を抜歯し、抜歯部位にインプラントを埋入しました。

66歳の女性の症例(上顎へのインプラント埋入)

上顎へ複数本のインプラントを埋入しました。

66歳の女性の症例(仮歯装着後)

仮歯を装着した状態です。

66歳の女性の症例(被せ物装着後)

最終的な被せ物を装着した状態です。自然な見た目の歯を取り戻すことができました。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

86歳の男性の症例

86歳の男性の症例(インプラントの埋入)

86歳と高齢の方の症例です。上顎にインプラントを埋入し、連結した人工歯を取り付けることにしました。

86歳の男性の症例(被せ物の装着前)

インプラント埋入後の被せ物装着前の様子です。

86歳の男性の症例(被せ物装着後)

被せ物装着後の様子です。きれいに歯が入り、笑顔で帰宅されました。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

女性の症例(抜歯即時インプラント)

女性の症例(術前検査)

グラグラしている前歯を1本抜き、その日のうちにインプラントを埋入した抜歯即時インプラントの症例です。まずはじめに、デジタルレントゲンとCTを使って、術前検査を行いました。手術前に念入りな検査をすることで、治療のリスクをできる限り減らします。

女性の症例(手術終了後)

手術が終わった時点のお口の中の様子です。仮歯だとは分からない見た目になりました。

女性の症例(最終的な被せ物の装着)

術後8週間後に型をとり、最終的な被せ物を装着しました。

女性の症例(治療終了後)

3ヵ月ですべての治療が終了です。自然な色合いで、天然の歯とほとんど変わらない見た目に仕上げることができました。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

ぐみょう今井歯科医院の治療サービス

手術の種類
骨造成治療 / フラップレス手術 / 即日インプラント / 入れ歯を利用したインプラント / 審美的なインプラント
手術環境
レーザー治療
使用インプラントメーカー
Zimmer
その他のサービス
歯周病治療 / インプラントの撤去 / インプラント再治療相談

費用

料金表

項目・内容 備考 価格
診断・カウンセリング お口の中の状況は患者様によってさまざまです。歯科用CT・歯型模型などを使用し、口腔状況がインプラントに適しているか、また、どのように治療すべきかの判断を行い、患者様により適した治療手法を診断します。 20,000円(税抜)
(1本あたり)
治療費 インプラント体の価格を含んだ、埋入固定する段階までの費用になります。インプラントを顎の骨にしっかりと固定することで、しっかりとした噛み心地を再現することが可能になります。 230,000円(税抜)
(1本あたり)
人工歯 天然歯に変わる、人工の歯です。できるだけ周囲の天然歯に近い色を選ぶことで、笑った時も食事をしている時も人目を気にすることはありません。さまざまな人工歯の種類もございますので、ご相談ください。 70,000円(税抜)
(1本あたり)
GBR法 骨が足りない部分に骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。 70,000円(税抜)
(一箇所につき)
ソケットリフト 上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。インプラントを埋入する部分(上顎洞の底部)から底部の粘膜を押し上げて骨補填材を詰め、骨の厚みを増やす治療法です。 50,000円(税抜)
(1本あたり)
リッジエクスパンジョン・スプリットクレスト インプラント埋入にあたり、骨の幅が狭い場合に行う治療手法です。骨の幅が狭い箇所を専用の器具で広げることで、インプラントを埋入できるようにします。 70,000円(税抜)
(1本あたり)
ミニインプラント 下顎の歯が1本も無い方への治療法となります。この治療は「入れ歯が安定しない」とお悩みの患者様に、より適した治療法です。細く小さなインプラントを下顎に4本埋入することで、入れ歯を安定させます。入れ歯は取り外し可能なため、衛生面でも優れています。 160,000円(税抜)×4本

※上記料金は全て税込価格となります。

お支払い方法について

お取り扱いクレジットカード

当院では、現金によるお支払い以外にも、各種クレジットカードによる分割払いがご利用可能です。ご利用可能なお支払い方法などはお問い合わせください。

お取り扱いクレジットカード

インプラント治療費の考え方

当院ではお客様の負担が少なくなるよう、できるだけ費用を抑えた価格でインプラント治療を提供させていただいております。

現在のところ、新しい技術・材料を使用したインプラント治療は自由診療となります。当院では、院内に歯科技工士をおくことで、価格の高騰を抑えています。また、一人ひとりの患者様により適した技工物の作製が可能になります。自由診療の価格も公表し、価格に対して納得の上で治療を受けられるよう配慮しております。

インプラントの治療費は医療費控除の適用になりますので医療費控除を利用するかしないかでは、かなり負担額が違ってきます。医療費控除についてもご説明致しますので、ぜひお尋ねください。

当院では患者様のご負担を少しでも減らせるよう、徹底した説明を心掛けております。疑問や不明点がございましたら、どんなことでもご質問ください。

10年保証制度

当院では10年間のインプラント保証期間を設けております。インプラント治療は成功率の高い治療ですが、万が一、インプラント埋入後に気になることがございましたら、どうぞご相談ください。

インプラント保証の条件として、定期的なメインテナンスを受けていただく必要があります。埋入後1年間は1ヵ月に1度、その後は3ヵ月に1度の定期健診を受けていただく必要があります。もちろん、虫歯や歯周病などの疾患があれば、一緒に治療を致します。

生涯にわたってインプラントをご使用いただくために、ぜひ定期健診にお越しください。

スタッフ紹介

ぐみょう今井歯科医院

院長 : 今井 守夫

院長 : 今井 守夫

患者様へのメッセージ

1991年、求名[ぐみょう]で開院し、多くの患者様にも認められるような歯科医になったと感じています。できるだけ患者様と接していたい。そんな気持ちから、ほぼ毎日、診療室に立っております。

当院では、補綴[ほてつ]に関する知識と経験を活かし、充実のインプラント治療を提供できると自負しております。現在では、月に1回、歯科医師たちへのインプラント勉強会やライブオペなども行い、技術研鑽[けんさん]にも努めています。

院内に歯科技工所を備え、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が三位一体となって治療を行っております。ただインプラントを入れればいいという治療ではなく、患者様のお口の中を総合的に改善できるような治療をご提供致します。

「高齢の両親にインプラント手術を受けさせたい」と考えている方も、ご相談ください。高齢者の患者様にもやさしいカウンセリングや治療を行っております。

技術や環境はもちろん、患者様の不安をしっかりと受け止め、納得して治療を受けていただけるよう、全力を尽くしております。インプラント治療でお悩みがございましたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

経歴

1984年
東京都立大学工学部機械工学科を経て、徳島大学歯学部 卒業
1988年
徳島大学大学院歯学研究科博士課程 修了
1991年
ぐみょう今井歯科医院 開業

資格

  • 歯学博士
  • 厚生労働省 歯科医師臨床研修指導医
  • 日本一般臨床医矯正研究会 理事
  • 介護支援専門員

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!