官庁街歯科 十和田インプラントセンター 医院HP

青森県十和田市西ニ番町13-2
院長 : 工藤 淳一
院長 : 工藤 淳一
口腔内の健康設計を行い、治療や予防を通じてより良い健康状態へと改善することで、身体全体の健康をサポートすることを目標としています。日進月歩の歯科医療技術に対して、日々研鑽[けんさん]を惜しまず、患者様により安全なインプラント治療をご提供するために、設備面も充実させております。患者様のご要望にお応えできるよう歯科医師・衛生士・技工士が一丸となって治療にあたっております。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
住所 034-0082
青森県十和田市西ニ番町13-2

地図 地図を見る
電話番号 0176-20-1718
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日・土曜 9:30〜13:00 / 14:30〜18:00
休診日 日曜・祝日
アクセス 十和田観光電鉄線 『十和田市駅』 より車で5分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
官庁街歯科 十和田インプラントセンターのアクセス
官庁街歯科 十和田インプラントセンターの院内紹介

十和田市役所や青森地方裁判所などが立ち並ぶ十和田市の官庁街に位置しています。周辺には十和田市現代美術館や中央公園などの施設もございます。
十和田市の中心地で患者様本位の歯科治療をご提供しております。


受付では、患者様をできる限りスムーズにご案内できるように努めております。ご予約やお会計だけではなく、ご要望やご質問にも親身に応対致します。

また、デンタルグッズの販売も行っております。丁寧にご説明致しますので、気になる商品がございましたらお気軽にお声掛けください。


全面に大きく窓を設置し、自然光が注ぎこむ明るい室内となっております。患者様それぞれの治療スペースを十分に確保した診療室です。患者様とのコミュニケーションを大切にしながら診療を行っております。


当院では、より安全にインプラント治療を行えるクリーンな環境の専用オペ室を完備しております。手術灯(手術用のライト)、マイクロスコープ、生体モニタ、インプラントを埋め入れるためのモーターなど、さまざまな医療機器を備え、より精密なインプラント手術を行っております。


マイクロスコープ(顕微鏡)は術野(目で見える手術を行っている部分)を人間の肉眼の何十倍にも拡大することができます。マイクロスコープを使用することは、より精密で緻密なインプラント手術や神経の治療などを行う上で大きな役割を果たします。


X線の照射量の低減、説明のしやすさという面で大変メリットのあるデジタルレントゲン機器を導入しています。従来のフィルム式に比べ鮮明な画質で撮影することができ、より詳細に歯の状態を把握することが可能になりました。


治療目的に合わせて撮影範囲(解像度)を設定できるため、適切な判断につながる情報が得られます。一台の装置で狭い範囲の画像から広範囲の画像まで多彩なデータを抽出することができます。治療に必要な部分だけを撮影することにより、少ないX線照射量でのCT撮影が可能です。また、CT画像を処理する専用のソフトで、診断や手術のシミュレーションが可能になります。患者様に分かりやすく手術の説明を行うことができます。


インプラント手術後に全身状態のモニタリングや出血の状態などを監視し、安全にご帰宅できるまでゆっくりお過ごしいただくリカバリールームを完備しております。ご要望やご質問などは、スタッフまでご遠慮なくお伝えください。

官庁街歯科 十和田インプラントセンターの診療案内

インプラント治療について

インプラント

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

こだわりのインプラント治療

当院では、安全性が高い最先端技術を応用したインプラント治療をご提供することを主眼とし、学術的に裏打ちされた治療を行っております。安全に長期にわたって安定した状態が保てるよう全力で治療にあたっております。

最先端の光機能化インプラントを導入

2011年3月にインプラント体表面を光機能化する装置を導入致しました。通常のインプラントを骨の中に埋めて安定した際、インプラントの周り全体が骨と結合している訳ではなく、実際には平均で40〜50%程度、最大でも70%程度しか結合していませんでした。この原因がチタンのエイジングです。

チタンのエイジングとは?
メーカーで製造されたインプラント体の表面は、4週間ほど経過すると表面に炭素が沈着しはじめ、骨との結合率が低下します。この経年変化のことを「チタンエイジング」といいます。

光機能化を行うことで沈着した炭素を除去し、チタンエイジングを解消します。光機能化したインプラントを埋め入れることで、これまで最大でも70%程度だった結合率を98%以上へ向上させることが可能です。当院では、すべてのインプラント治療にこの技術を応用し、より永続性の高い治療をご提供しております。

光機能化装置
▲ 光機能化装置
光機能化中のインプラント
▲ 光機能化中のインプラント
光機能化技術とは?
チタンエイジング現象で沈着した炭素を除去する方法として、発見及び開発された技術です。特定の波長を持った複数の紫外線を決められた強度で、ある一定時間照射することで、インプラント体の表面処理を行います。

歯科用CTによる安全なインプラント治療

当院では、2004年からイタリアQR社製のコーンビーム歯科用CTを導入し、安全な手術を心掛けてきました。2007年にはヨシダ社製の歯科用CTを新たに導入致しました。低放射線量で高精細な診査が可能になり、より安全な治療をご提供することができます。

イタリアQR社製 歯科用CT
▲ イタリアQR社製 歯科用CT
ヨシダ社製 歯科用CT
▲ ヨシダ社製 歯科用CT
インプラント治療におけるCT
CT画像は、顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査などに利用されます。レントゲン画像では判断できなかった歯や顎の骨の状態を把握することで、インプラントを埋め入れる位置を術前に細かくシミュレーションすることができます。

インプラント治療専用の手術室を完備

インプラント治療専用手術室
▲ インプラント治療専用手術室

口腔外科治療やインプラント治療は手術を伴うため、通常の歯科治療以上に清潔な治療空間が求められます。

衛生管理はもちろんのこと、設備面でも専用の手術室をしっかり完備し、手術灯(手術用のライト)、マイクロスコープ、生体モニタなどの精密な治療に必要な医療機器を備えております。より安全なインプラント治療をご提供しております。

歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法

歯科麻酔専門医との連携
▲ 歯科麻酔専門医との連携

歯科治療に対してそれほど強い恐怖心がない場合でも、インプラント治療や口腔外科治療に伴う手術を緊張せずにお受けになりたい方にもオススメです。

日本歯科麻酔学会認定の歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法で、安全でより効果的に不安なく治療を受けていただけます。

静脈内鎮静法とは?
静脈内点滴に催眠鎮静導入剤を少量投与することにより、緊張感や不安感・恐怖感の無い、あたかも眠ったような夢心地の状態が得られます。インプラント手術時などに用いられることが多く、ストレスの無い快適な状態で手術を行うことが可能です。鎮静薬剤には健忘効果もあるので、手術中の不快な記憶などは殆ど残りません。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

カウンセリングインプラント治療を行うにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てる必要があります。
十分なカウンセリングをもとに、それぞれの患者様に適した治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明致します。

STEP2 人工の歯根を埋め入れる

インプラントを埋め入れた下顎の模型歯の根の代わりとなる人工の歯根(「フィクスチャー」ともいいます)を顎の骨に埋め入れる手術を行います。
埋め入れるのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。

STEP3 人工の歯根が骨と結合するのを待つ (3ヵ月〜6ヵ月)

埋め入れた人工の歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
患者様によって個人差はありますが、およそ3ヵ月〜6ヵ月の期間が必要となります。

STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

人工歯をセットした下顎の模型仮の上部構造を用いて、人工の歯根と骨との結合具合を確認し、上部構造の調整を行います。その後、最終的に取り付ける上部構造を設置します。

STEP5 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行っていきます。

手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の健康な歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

ページの先頭へ戻る

官庁街歯科 十和田インプラントセンターのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 工藤 淳一

院長 : 工藤 淳一

当院では、患者様の口腔内の健康設計を行い、より良い健康状態へと改善することで、身体全体の健康をサポートすることを目標としています。日進月歩の歯科医療技術に対して、日々研鑽[けんさん]を惜しまず、歯科医師・衛生士・技工士が一丸となって診療に当たっております。

充実したインプラント治療環境
患者様により安全なインプラント治療をご提供するために、設備面も充実させております。詳細な診断に欠かせない歯科用CTをはじめ、専用オペ室、インプラントオペ後にお休みいただくリカバリールームなど、患者様中心のインプラント治療環境を整えております。

院長経歴
1993年 岩手医科大学歯学部 卒業
東京都開業医 勤務
1998年 工藤デンタルクリニック 開業
2003年 官庁街歯科に改名し、移転開業。十和田インプラントセンターを併設

所属学会・資格など

  • Osseointegretion Stady Club of Japan Active Member 理事

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!