インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院 医院HP

京都府京都市西京区下津林南大般若町46
院長 : 五十嵐 一
院長 : 五十嵐 一
当院では、「全顎治療」(口内全体にわたる治療)を医院方針に掲げ、インプラント(人工歯根)、歯周外科、矯正歯科など幅広い分野において、患者様にご納得いただける技術をもって治療に取り組んでおります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
住所 615-8036
京都府京都市西京区下津林南大般若町46

地図 地図を見る
電話番号 075-392-0993
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 075-392-0993
診療時間 平日 9:30〜13:00 / 15:00〜19:00
土曜 9:30〜13:00
休診日 日曜・祝日
アクセス 阪急京都線「桂駅」 徒歩約15分 (駐車スペース19台)
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院のアクセス
駐車場19台完備

インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院の院内紹介

当院は4階建てのビルになっており、歯科医のための研修施設も併設しております。
また、車19台分の収容可能な駐車場も完備しておりますので、お車の方も気兼ねなくご来院いただけます。


受付では全面に掛けられたシャガールの絵画が患者様をお迎えいたします。
明るい笑顔と親切な対応を心掛け、患者様に快適に治療を受けていただけるよう努めております。


イエローカラーを基調とした明るい待合室です。各種雑誌類などをご用意しておりますので、ご自由にご覧ください。皆様が快適にお過ごしいただける環境をご用意しております。


診療室は、独立した個別の部屋になっており、プライバシーも十分に保護されておりますので、他の患者様を気にすることなく治療をお受けいただけます。
また、衛生面に配慮された機器を採用しております。
各ユニットにはモニターを完備しており、治療箇所をリアルタイムにご確認いただくことができます。
1万枚以上の症例写真にて、患者様に近い治療例をご覧になりながら、詳しくご説明することも可能です。


インプラントなどの各種手術のために設計された手術室です。クリーンな環境にて手術を行うことにより、感染症などのリスクを防ぎます。
衛生的、設備面ともに充実したより良い治療をお受けいただけます。


当院では治療をより安全に行うために、CT-スキャンを使用しての検査、診断を行っております。これにより、立体画像での撮影を行うことができ、インプラントなどの手術前に、骨の形態、神経の位置を患者様及び歯科医が十分に理解し見ることができます。


静脈内鎮静法を併用した手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」などを専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当します。厳重に鎮静管理を行うため、安全に手術を行うことができます。
また、術前検査、心電図、血液検査なども当院で行うことが可能です。


当院では出版物の制作にも取り組んでおり、多くの患者様に治療に関する知識を深めていただくことはもちろん、我々の治療に対する姿勢を理解していただくために必要不可欠なことと考えております。
(1)All-on.4
4本のインプラントで一顎の咬合を支える方法。
クインテッセンス出版
(2)Year book(インプラント) クインテッセンス出版

インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院の診療案内
CT-スキャン
当歯科医院では、治療をより安全に行う為にCT-スキャンを使用しての検査、診断を行っています。

当歯科医院ではCTスキャンを導入しています。 このスキャンにより、多断層での撮影を行うことができます。骨の細部に至る外形を手術前に把握することにより、インプラントなどの安全なオペを目指します。
 

神経の位置、骨の幅や高さ、形態をCTスキャン画像から解析し、細部にわたってコンピューター上で把握してから手術に至ります。

シミュレーション画像








CT-スキャンした画像より、シミュレーションシステムを使用し、歯肉の切開を避けた(出血させない)手術を行うことができます。

症例1 主訴(60歳代女性、長期間義歯装置を装着、口元のゆがみ、十分に噛めないことで来院)
術前
 
術後6ヵ月

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


術後、口もとの印象がガラッとかわり、若々しくなりました。
術前   術後

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


自然な仕上がりの上部構造(チタンフレーム)
※チタンフレーム、CAD/CAMシステムにより歯1本1本が自然な仕上がりとなり口元の変形も治すことができました。

症例2 主訴 歯がボロボロで十分に噛めない
術前   術後6ヵ月

※治療結果は、患者様によって個人差があります。



噛み合わせが崩壊していたが、美しい口元へ導くことができた。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

治療の流れ

1 麻酔医による体調チェック
インプラントの手術を行う前に歯科麻酔医による全身管理チェックを行います。このことで現在通院されている内科、外科の先生にもインプラント処置の対応を説明いたします。高齢者でも快適に治療を受けれる体制です。

2 CTスキャン、デジタルパノラマ
デジタル写真により、鮮明な骨形態の把握、骨肉部を詳しくチェックします。

3 手術
手術後2,3時間後に仮歯をセットし、すぐに噛むことができます。
その間に歯の製作過程を説明いたします。

術後

手術後2,3時間後に仮歯をセットし、すぐに噛むことができます。
患者さんの状態にもよりますが、来院回数約10〜15回で最終の補綴物(歯の部分)が装着されます。この方法の利点は、手術直後にすぐに仮歯が入り、噛むことができ傷口が治り、歯周形態が治った段階(術後約2ヶ月)から型採りを行うことです。
即、仮歯が入るので日常生活の不便を感じさせません!!
手術当日に仮歯が入ります!!

模型上でネジの位置を適切に把握し歯の高さを決定していく。
4 噛み合わせの確認
技工所にてワックスアップ(ろうで歯を作る)をして歯の外形、大きさが患者に適応しているか調べる。

上部構造を歯の模型、咬合器にかけてかみ合わせの確認

審美的にも自然な上部構造
自然感のある歯牙が完成する。
※最終補綴物は、顔の形態、口唇の形により歯の長さを決め、審美性の高いものをさらに作ります。
この間仮歯が口の中に入っているので、日常生活が困ることはありません。

CAD/CAMシステム
コンピューターによる、インプラント上部構造製作器械の導入。
このCAD/CAMシステムにより精高な上部構造(歯)の作成が行えます。
五十嵐歯科ではコンピューター歯牙製作器械を導入しています。(右写真)
また、当院では、即時負荷インプラントを行っております。
そのため、通常では1年〜2年かかるものが手術直後に仮歯を入れることが可能です。

5 タイムスケジュール
(1)麻酔医による体のチェック(高齢者も快適) 術前
(2)術後すぐに仮歯が入る(すぐに噛むことができる) 約1か月
(3)CAD/CAMシステムによる、より良い上部構造(歯の完成が行える)
  約4から6ヶ月後きれいな歯が入る

現在のインプラント All on 4

オールオン4とは…

”オールオン4”は、総入れ歯や多くの歯をなくした方に適したインプラント治療です。インプラント植立時に、しっかりとした固定が得られれば最小4本のインプラントを使い、短時間で固定式の仮歯が入る治療法です。
なお、埋入するインプラントの数によって「即時荷重4本」、「即時荷重5本」等と呼ばれています。

機能性 快適性 経済性
固定式の仮歯を治療当日に入れられるオールオン4。安定した固定が得られれば、治療したその日に噛むことができ、普通の食事が可能です。 出血・腫れ・痛み・長い治療時間…。いずれも治療時における、どの患者様にも共通の不安です。埋め込み本数を減らすことで、治療時間を短縮したオールオン4ならこれらの悩みを払拭します。 今まで全ての歯がない場合、10〜14本のインプラントによる埋め込み治療が一般的でした。必要なインプラント本数が最小4本に減ることにより、治療費負担を軽減させることができます。
従来の総義歯   ”オールオン4”で使用する義歯(普通の義歯とは違う!!)

従来の総義歯と”オールオン4”で装着する義歯との比較
インプラントでしっかりと固定された義歯は従来のそれと比べ、こんなにスリム。
わずらわしい入れ歯のお手入れとも無縁です。
もちろん歯は、インプラントと固定されている為に動きません!!

All on 4 症例 (即時荷重 4本) 主訴 上顎総義歯で十分に噛めない
上顎に全く歯がない症例。手術開始から、約150分で仮歯を装着することができました。


術前

術後

術前   術後
上顎の上唇部がへこみ顔の形態が歪んでいるが、即日顔面の形を変えることができる。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療実績 3年6ヶ月でインプラント埋入2273本の実績

■過去3年半の治療実績(17年4月4日から平成20年9月30日まで)

過去、昨年H20年9月から3年間6か月前までのインプラント本数は2273本。このうち即時負荷を行ったものはグラフ左の1382本であった。グラフ右の最終補綴装着本数とは歯の最終セット装着本数である。

即時負荷を行ったインプラントの残存率は98.12%。

■即時荷重症例299症例
通常4本で行うことが多いですが、骨の形、強さにより
5本以上になる場合もあります。

■即時荷重 年齢別症例数と男女比

上のグラフを見ても分かるように年齢別で見ると他の年代に比べて
50代の症例が全体の42%、60代の症例が27%を占め、特に多いことがわかる。
さらに男女比でみてみると、全体的に男性よりも女性の方が多く、
50代女性が全体の29%、60代女性が16%という数字で、このグラフからも分かるように
全体からみても50代、60代の女性の症例が多いことが分かる。


価格

4本で顎全体を支えるオールオン4システムの場合
12本の歯が入るので低コストになります)
17万1千429円(税抜)
麻酔医使用の場合 6万6千667円(税抜)
5本で顎全体を支えるオールオン5システムの場合 190万4千762円(税抜)

また、それぞれ1本ずつ埋入の場合、骨移植が必要な場合などがあります。
詳細はお問い合わせください。
インプラント矯正歯科センター五十嵐歯科医院のスタッフ紹介
院長紹介


院長:五十嵐 一
博士(歯学)

インターナショナルソサイアティー
オブオッセオインテグレーション
理事

大学卒業後、IDA(インターナショナルデンタルアカデミー)卒業。主に補綴学、咬合学、インプラント上部構造を研修。その後ロサンゼルスにて、Dr.Dennis.G.Smiler(顎顔面口腔外科医)に師事、現在、インターナショナルソサイアティーオブオッセオインテグレーション理事を勤め、ロサンゼルスUCLA大学インプラント科主任教授Dr.P.K.Moi先生のもとで、インプラントと、それに伴う外科学の研修を受けている。

歯は人生の大切なパートナーです。歯を失うことで、握力の低下、脊髄のわん曲などあらゆる体力の低下をまねくといわれております。立ったり、座ったりする行動も、奥歯がないとできにくくなり、ひざ、足の痛みの原因になります。高齢化社会が目前に迫ってきていますが、今や70歳という年齢は必ずしも"老人"を意味しません。高齢になっても元気に社会で活躍していただくには、歯はとても大切なものです。当歯科スタッフは、治療に精一杯の貢献をしていきたいと考えています。

CT-スキャン(広視野・頭頚部用X線CT診断装置)をはじめとする設備の導入や血液検査、さらには心電図、脈拍、血圧のモニター管理による外科手術。加えて歯科麻酔医を随伴させることで、より安全に、患者様の精神的負担をより軽減した環境の中で、インプラント治療、抜歯などを行うことができます。また、スタッフの育成にも力をいれています。

現在インプラントの普及と研讃に全力を尽くしています。特に顔面修復、顔の形態修正に力を注いでいます。歯科医療のすばらしい発展を患者様に届けることができれば幸いです。
院長経歴
  • 朝日大学歯学部卒業(岐阜歯科大学)
  • IDA(インターナショナルデンタルアカデミー)卒業
  • 博士(歯学)
  • International society of osseointegration 理事

>> 詳しい内容はこちら

招聘歯科医師(口腔外科担当医
当センターでは、安全性を保つ為に東京歯科大学口腔外科、UCLA卒業の宇野沢秀樹先生を招聘し、大きな外科手術を担当してもらい、コラボレート(協力)した手術を行います。この事で時間を短縮し、安全かつ、より良い手術を行います。
ドクター・スタッフ
当院のスタッフは、より良い歯科治療をご提供するために日々研鑽を積んでおります。 海外施設へのドクター派遣も行っており、より良い技術を患者様へご提供できるよう、惜しみない努力で日々の診療をおこなっております。
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!