医療法人 加来歯科 医院HP

大分県中津市三ノ丁1278-3
院長 : 加来 敏男
院長 : 加来 敏男
当院は、大正6年に祖父が現在の大分県中津市で開業して以来、地域の患者様に歯科医療を提供してまいりました。インプラント治療やホワイトニング、審美歯科治療、矯正歯科治療の総合的な治療を行っております。長年の歴史のある当院は、患者様にやさしく、痛みの少ない治療を心掛けております。歯を失ってお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。
相談室ボランティアドクター >>相談への回答一覧はこちら

医院情報

住所
871-0057
大分県中津市三ノ丁1278-3

詳しい地図はこちら
電話番号
0979-22-0708
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
診療時間
月・火・水・金曜 9:00〜13:00 / 14:00〜19:00
木曜 9:00〜12:00 / 14:00〜19:00
土曜 9:00〜13:00
休診日
日曜・祝日
アクセス
JR日豊本線 『中津駅』 より徒歩13分
JR日豊本線 『中津駅』 よりコミュニティバス豊前・中津線でバス停、図書館入口(村上記念病院前)より6分
JR日豊本線 『吉富駅』 より徒歩15分

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室はありません
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造ではありません
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応が可能です
  • 女性医師はおりません
  • CTを完備しています
  • オペ室はありません
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制です
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔は行っていません
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)を併設しています
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
セカンドオピニオン / 無料カウンセリング / 予約制
外国語対応
英語

クチコミ

医療法人 加来歯科のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

最近回答した相談

2016.08.09
左一番奥の上下の歯がぐらぐらで抜かれしまいました。抜いて…
2016.02.22
15年位前に上の前歯5本をインプラントにしたのですが こ…
2015.10.10
上の奥歯左右で3本ずつ、抜歯になりました。 左上は既に…

回答一覧

アクセス

院内紹介

医療法人 加来歯科の治療設備・環境

手術環境
レーザー治療器 / 超音波外科装置(ピエゾサージェリー)
検査環境
デジタルレントゲン / CT / コンピューターガイドシステム

診療案内

インプラント治療について

インプラントの構造

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

従来の治療法との比較

人工の歯根を顎の骨の中に埋め入れる「インプラント」

歯の現状 歯を一本失った場合 歯を複数本失った場合 歯をすべて失った場合
  歯を1本失った場合 歯を複数本失った場合 歯をすべて失った場合
従来の治療 ブリッジ 入れ歯 総入れ歯
  隣の歯を削りブリッジにします。隣の歯が虫歯になっていない健康な歯でも削らなくてはなりません。 取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金でも固定しますが、口の中に金属や樹脂の台が入ります。 全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。特に下顎の入れ歯は苦労します。
インプラント 一本のインプラント 複数本のインプラント 入れ歯をインプラントで固定
  インプラントは隣の歯を削ることなく植立し、人工歯を取り付けます。自分の歯と区別のつかないくらい治療の跡が分かりません。 数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結し固定の歯を作ります。入れ歯を固定するバーや止め金が必要でなくなり、口の中もすっきりし、しっかりと噛めるようになります。 数本のインプラントを植立し、連結された装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出すことなく、よく噛めるようになります。

インプラント治療の流れ

STEP1 パノラマレントゲンと顎模型で、まずインプラントが可能かどうか予測する。

パノラマレントゲン

インプラント治療を始める前に、患者様一人ひとりがインプラント治療に適しているかを診断します。パノラマレントゲンを使い、顎の骨の位置や量を確認し、インプラントの埋め入れが可能かどうか判断します。顎の骨が少ない場合は、骨を増やす手術が必要な場合もあります。

STEP2 CT撮影の準備・撮影

歯科用CT

どこにインプラントを埋め入れるかの情報をCTデータ上に入れるために、顎模型でCTに映る人工歯を配置したステントを作製します。院内に設置しているデンタルCTで撮影して、CT解析用パソコンにてご説明します。

STEP3 カウンセリング

カウンセリング

日を改めて、シミュレーションソフトで顎骨の立体像を作製し、そこに実物大のインプラント体を配置してみます。患者様のご希望に合わせて、どの種類のインプラントが良いのか、その本数、長さ、太さ、方向、位置などを決定します。

STEP4 インプラント埋め入れガイドのオーダー

インプラントを埋め入れる本数が多い時はシミュレーション通りに埋め入れできるように、インプラント埋め入れガイドを作製します。(ベルギー製)

STEP5 人工の歯根を埋め入れる

人工の歯根を埋め入れる

インプラントの埋め入れ手術を行います。埋め入れる箇所の骨の幅や高さが足りない場合は、事前に増骨したり、埋め入れと同時に増骨します。埋め入れ直後にCT撮影をして、計画通りに進んでいるかを確認します。

STEP6 治癒期間

埋め入れたインプラント体が顎骨に結合するのを待ちます。状態により治療が早い方で2ヵ月、大きく増骨した場合は6ヵ月程度待つことがあります。

STEP7 印象

シリコンラバーで精密な印象を採り、模型上で上部構造(被せ物)を作製します。ただし、本数の多い場合や前歯は、噛み合わせや形を決めるために仮歯で様子を見てから最終的な被せ物を作製します。

STEP8 インプラント体にセット

インプラント体にセット

埋め入れたインプラント体にアバットメントという土台を入れ、それに最終的な被せ物をセットします。当院では必要な時に外せるようにネジや仮着セメントで仮付けを行います。

STEP9 メインテナンス

メインテナンス

定期的にクリーニングや噛み合わせの調整を行い、インプラントを長期間使用できるようにします。必要に応じてレントゲン撮影やCT撮影をして問題が起こる前に解決します。

当院の診療機器

歯科用CT

歯科用CT

当院では、3次元画像で精細な診断を実現する
歯科用CT X線装置を導入しています。

一般CTとは異なり、横にならずに座ったままで撮影できます。撮影時間は約18秒で、楽に撮影を受けられます。1回の撮影で構築される3次元画像領域から、任意の方向に精密な3方向断面画像が得られ、3次元画像からより精細な診断や初期疾患の発見が可能になります。それにより、安全なインプラント治療を行えます。

ガイデッドサージェリー

ストローマン社が開発したガイデッドシステムを一早く採用しております。

患者様一人ひとりのインプラントの埋め入れ位置を把握するサージカルガイドの作製が、国内の技工所で作製することが可能になりました。従来はスウェーデンに発注し、手術の開始まで時間がかかりましたが、納期が短くなることで早く手術ができるようになります。技工用機器で座標軸や角度を設定し、患者様に適しているかを石膏模型上で確認することも可能です。

よくあるご質問

Q1.インプラント治療は誰でも受けられますか?

ほとんどの方が可能ですが、年齢、全身状態、顎の骨の状態によってはインプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。また、顎の骨が少なくて先だって骨を増やす手術が必要な方もいらっしゃいます。

Q2.インプラント手術に痛みや腫れはありますか?

麻酔をしますから手術時にはほとんど痛みはありません。術後の痛みは奥歯の抜歯をした程度の痛みがあります。腫れに関しては個人差がありますが、術後、多少腫れることがあります。

Q3.インプラントはどのくらいもちますか?

定期的なメインテナンスを行うことで、インプラント自体は長期間安定した状態を保ちます。天然の歯と同じで歯周病のような状態になることもあります。毎日のホームケアと歯科医院での定期的なケアは欠かせません。

インプラントネット治療説明

医療法人 加来歯科の治療サービス

手術の種類
骨造成治療 / 入れ歯を利用したインプラント
手術環境
笑気麻酔 / レーザー治療
その他のサービス
歯周病治療

スタッフ紹介

院長 : 加来 敏男

院長 : 加来 敏男

当院では各年齢に応じた治療を心掛けています。幼、若年齢層には、虫歯の予防と治療、きれいな歯並びの完成を目指します。青年層には、虫歯のコントロールと、歯肉炎、歯周炎の予防、治療を行い、きれいで自然な口元を保てるようにしています。壮年、老年期は、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)で歯を失わないこと、すでに歯が抜けている場合は、修復を行い機能の回復を目指します。

歯を失った場合は、インプラント治療を行う選択肢があります。残っている歯に過度の負担がかからないようにし、さらに歯を失わないために、精密な診断が必要です。平成18年4月に歯科用CTを導入して以来、従来のレントゲンでは分からない骨の炎症や骨の中に埋まった親知らずの状態などを詳細に診断できるようになりました。特にインプラント治療に有効で、手術前にパソコン上で実際の手術のシミュレーションができるので、以前とは比較できないほど安全で適切な治療が可能です。
当院では色々な治療法を取り入れています。何でもご相談ください。

経歴

1979年
九州大学歯学部 卒業
1983年
九州大学歯学部大学院 卒業
九州大学歯学部第2補綴科 助手
1987年
加来歯科医院(3代目) 開業
2006年
医療法人 加来歯科 開設

所属学会・資格

  • 日本歯周病学会

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!